株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます!

日経平均だけではなく世界的にマーケットは乱高下している。
マーケット関係者の多くからこの乱高下が落ち着きを取り戻すのはいつなのか?と昨日辺りは質問を受けた。
我々の分析からだとこの右往左往は今月いっぱいは継続するだろう。
しかし、皆様にはお伝えしたが昨日から新たなるトレンドがスタートしたことを頭の片隅に入れておく必要があるだろう。
そして今年は個別銘柄勝負!
春先までは『内需株』だとお伝えしたがその流れに変更はない。



本日の先物レンジ
焦る必要はない時間軸だ。
21670~21860円

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

世界的に波乱となった株式市場!しかし今回の大幅調整が逆に次の展開への入り口になるような気がしてならない。
株式市場は上がれば当然下がる。下がればまた上がりだし高値を目指す動きとなるだろう。
またマーケット関係者の中にはリーマンショツク再来とか言われているが投資家もそれほどバカではない。
またここで短期的にはトレンドは下を向いたが大きなトレンドからは右肩上がり継続。
従って、マーケットから資金が逃げることはないだろう。
また皆様には焦らないこと、大きい流れが回復するのは春先だとお伝えしてきたはずでここまでは想定内の値動きで推移していることに変わらない。
また我々の分析からだと為替も落ち着きを取り戻しつつありドル安は踏み止まってきたことがうかがえる。
これは我々の確率と統計からだと対ドルはまた春先から120円をうかがうだろうと考えている。


本日の先物レンジ
昨年は1500円安が予想通りにあった。
目先はその水準がボトムになると思って皆様には1500円安があるかに注目とお伝えしたが。

今日は一先ず落ち着きを取り戻すだろうが。今週は今日の寄り付きからの展開がキーとなるだろう。
目先のトレンド(チャート)のスタートは今日から引き直すことになる。
この続きは明日またお伝えしたい。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

昨日は仕事で色々と忙しく便りを書くことができなく大変申し訳なかった。
我々も週末からNY市場の急落を想定しての戦略、対処に追われていた。
今回の下げは『メルトアップ相場』の反動。
結果的にここまでの取引は買って買っての流れが崩壊。
逆に売りが売りを呼ぶ展開となっている。
少なからず皆様にはここは焦らないこと個別銘柄勝負だけだとお伝えしたが、流石にこのような展開になると個別銘柄勝負もやや厳しい展開になると思われる。
ただここは決算発表シーズンが重なったことは意味がありそうだ。
ここでの大きな下げが逆に良い買い場になると考えられるがここは慌てないこと。
反発はそう遠くないと思われる。ここは用心しながら本格反騰は再三お伝えしているが春先までは我慢ではなかろうか。


本日の先物レンジ
マーケットが決めることで、本日のレンジは大幅下げからの値動きに注目である。
1500円安があるかに注目だが。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

昨日の日経平均は連騰安からの自立反発となるのか?
それとも目先は安値を確認しての反発なのか?
我々の分析では決してトレンドが崩れた訳でもなく、たまたま為替がブレーキをかけただけで米国の雇用統計次第ではまた強いドルの回復があるかもしれない。
それにマーケットは生き物であり誰が値段を決める訳でもなく投資家が買いたい!欲しいと思えば株価は上がるし、これは買えない!欲しくないと思えば株価は下がる。
ましてマーケットは不思議なもので特に買い材料がなくても雰囲気、需給などで上がったりもするし値段が上がってくると『人間の心理』を揺さぶり売った値段よりも遥かに高い値段でも買いたくなり売買をする。まぁその逆もあるが(笑)
ここはともかく個別銘柄勝負だ!
そして昨年5月にテクノホライゾ(JQ:6629)を紹介したが教育事業は見事な成長であった。
そこであの時テクノホライゾンを我々に成長するだろうと伝えてきた知人から!
〇〇〇〇だと!
近年アジア諸国の不動産販売など富裕層相手に仕事しているようだが狙いはそこではなく。
『インバウンド対策』だ。
近年、日本に多くの訪日外国人が訪れているが、これにより多言語SEMサービスが追い風となるだろうと。
正に、成長分野でもり早急に対応する企業も増加。多言語プロモーション事業は今後売り上げ、利益は伸びるだろうと。


本日の先物レンジ
まだまだ焦る必要はない。
トレンドの曲がり角であり決算が出揃うまでは慌てずに。
個別銘柄勝負!継続である。
23180~23450円
深押しは買いだろう。


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 10:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

日経平均はトレンドからやや劣勢に見える!
しかし、ここは多少為替がドル安となったが想定内の展開ではなかろうか。
まして皆様にはお伝えした筈だ!日経平均はもみ合いか為替がブレーキを掛けてきたからここは個別銘柄勝負!だと。
実際、東京市場を見ると決算発表前であること。
決算発表で内容が良ければ素直に高くなっている。また進捗率が悪ければ出尽くしとなりやや低迷。
しかし、まだ決算発表ラッシュが始まって間もないが極端に悪い決算企業はあまりない。しっかり進捗率を出してきている企業もありこの調子ならば日経平均のEPSは少なからず下がるような気がしない。
またここでのドル安が逆に良い買い場の提供のように見える。
さて、2月に入りまだまだ暫く個別銘柄勝負であろうが。
先日お伝えした森組(東2:1853)はトレンド分析通りに株価は上昇。また昨年12月に株価倍になってもとお伝えした明豊エンタ(JQ:8927)もここに来て上昇が加速し個別銘柄に資金が向かっているのが分かる。
そして今朝、明豊エンタ(JQ:8927)が!と昨年伝えてきた知人から〇〇〇×〇〇の時価総額を考えると営業キャツシュフローの上昇がすこぶる良く見えると。
300円台は買いだと伝えてきた。
450円位までなら物言う株主に買われる可能性が高いのではないかと。
実際、地震大国日本であり同社の商品の販売やサービスなどを考えるとここから大きな相場になると。


本日の先物レンジ
23220~23430円
まだまだ焦る必要はない。
個別銘柄勝負だ。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

残念ながら日銀短観にも掲載されていた大企業、製造業の下期想定為替レート!
対ドル109.66円を割り込んだところから日経平均は調整を余儀無くされた展開となった。
そして我が本拠地NY市場も昨日は一時400ドル安を超えたがこちらのマーケット関係者からは調整するときは必ず来ると楽観的なマーケット関係者が多い(笑)
我が社のボスも少し調子に乗らずしっかりヤレとお灸をすえたようだ。
さて日経平均であるが、テクニカルでは12月7日以来の25日線割れとなり短期的にはヤレヤレの売りも出てくるだろうが長期トレンドが崩れた訳ではないし決算発表の時間軸とも重なっていることから、ここでは好業績銘柄はしっかり買われるのか?
そして買われる銘柄はどんな業種、内容、進捗率などしっかり分析するには丁度良いタイミングではなかろうか。
本日で1月も終わるが今年も始まったばかりである。
今年も皆様!頑張って大きなキャピタルゲインを掴んで欲しい。




本日の先物レンジ
今日は多少反発するだろう。
焦る必要はない。
個別銘柄勝負!この地合いは変わらないだろう。
23120~23360円

■釣り人
本日の日経新聞で米国ヘッジファンドの運用成績が少し解説されておりました。
インデックスファンドと違い相場感で市場に向かうのがヘッジファンド。つまり私たち個人投資家と同じであります。
全世界の株が昨年上昇した為インデックスファンドが花盛りとなった昨年でしたが、それとは違うおもしろい個別株。そして相場を見ていく力。スタッフ一同頑張っていきます。
毎日米国のヘッジファンドの考えが送られてくる弊社のページをどうぞご覧ください。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

明らかに日経平均は調整局面をむかえていると言える。
決算発表をしっかり分析する時間軸に突入したと言えよう。
そして日経平均ならぬ225銘柄が決算にて2~2.3%の成長を遂げているかに注目だ!
この数字をしっかり保っていれば日経平均PER15.5倍!即ち、アベノミクス平均PERを考えれば日経平均24000円以下は買えることになるだろう。
そこでここはしっかり決算を分析することが大切であり。皆様には個別銘柄ならぬ材料株相場であるとお伝えしている。

そこで強い銘柄を追いかけることがマーケットでの鉄則となるが。
2018年!大発会でお伝えした..

~以下会員ページ~

ここは素直に材料株相場勝負であろう。


本日の先物レンジ
23480~23690円
NYダウが安いからと・・・・日本株は割高とは思えない。
我々とすれば現状の米国市場と較べることがおかしい(笑)

当ブログに釣り人の気になる銘柄載せてあります。
↓↓こちらをクリック↓↓時々更新されます。


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

東京市場はここで決算発表シーズンのようだ。
良いものと言うか『業績の進捗率』をよく分析すること。
即ち、今期、来期を見据えてどのような予想を建てていることなどしっかり分析し押し目があるなら買いなのか?
それとも暫く様子見なのかを判断する材料のが決算発表であることを忘れてはならない。
そして肝心な『稼ぐ力』はついているのかなどを分析する上でも良い機会であろう。

さて、ここ最近我々は個別銘柄勝負とお伝えしている中、しっかりトレンドを守っているのか?即ち、チャート上右肩上がりなのか?これもしっかり分析する必要がある。
また日経平均はここまで2018年は順調に上昇し、為替はタイミング良く調整局面を与えてくれているように思われる。
その為替であるが、ダボス会議でトランプ氏は『強いドルを見てみたい』と発言しており、この隠語がどこかでマーケットに来る日が来るような気がしてならない。
時間軸から春先を我々は予想している(笑)

さて、個別銘柄で面白そうなのが..

~以下会員ページ~


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 10:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

日経平均の現状は想定の範囲内でのもみ合いが形成されていると思われる。
ただ為替が円高!いや完璧にドル安基調から日経平均の上昇にブレーキをかけた。
ただ本当に円高なのか?
我々の分析からだと決して円高ではなくただ単に現状は『ドル安』であること。
その背景は色々あるだろうが我々の分析からだと需給面が最大のネックだったのではなかろうか。即ち、昨年からドル高傾向となり万が一これ以上ドル高が進んだら保有していなかったでは済まない投資家が多かったからだ。
そしてそのツケが今になって発生したといえる。
ただ昨日もお伝えしたが我々は米国が本拠地であるためドルは定期的に買っていくことになるだろう。
そして目先のドル安は間もなく終了すると予想している。
ただ直ぐにまたドル高になるとは考えておらず春先位からまたジワジワドル高となると
予想している。
そうなると東京市場は現状のこの環境下は暫く続くであろう。即ち決算も本格化が始まることから、ともかくここは基本的に『内需』。
そして材料株、テーマ株の展開となるだろう。
そこで今朝はテクニカル、業績の進捗率、ビットコイン関連、AI、IoTなどを考えると昨年12月に紹介した〇×〇〇を次は1000円突破狙いで紹介しておきたい。



本日の先物レンジ
もみ合いで良いのでは。
全く焦る必要ないと思っている。
〇〇~〇〇円

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

30億の便り 

おはようございます。

来るべきしてきたドル安!
ここは多少のドル安は仕方がないだろう。
需給をはじめ!ユーロ高は否めない。
ただ皆様には早い段階からお伝えしておいて良かったリスク。
ミセスワタナベを例えにして為替はここからドル安だと!
我々的にはそろそろドルを買い始めることだろう(笑)
この日を待っていたことは事実である。
ここから3月~4月末辺りまで定期的にドルを買うつもりでいる。
『種子をまく季節がやって来た』と思っている。
そして、これも再三お伝えしているが東京市場の2018年前半は『内需株』そして材料株やテーマ株だろう。そして下半期から再度!半導体などのハイテク株の展開を予想している。
そうなるとここは東京市場は個別銘柄勝負となるが。
今後の日本経済を考えると長いテーマは『インバウンド』は外せない。
そして、訪日客が一番訴えているのが「ナイトライフ」だ。夜遊ぶ所が少ない!政府も夜間の経済活動活性化のために動きだした。
その観点から今後..

~以下会員ページ~


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 30億の便り | 09:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT