FC2ブログ

株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

ここ最近ヤハリ目立っているのがテーマとなっている「インバウンド関連」その代表銘柄として8202ラオックス。
明日には訪日外国人旅行者の発表もあるので今後ラオックスがどこまで育つか楽しみである。
実際にもし外国人だとするならば円安を待ちに待っていたのは外国人旅行者であろうし、最近の外国人旅行者に聞いたアンケートを見ると今、高額商品は日本で買えとなっているらしい。
さて今朝は私の知人の話からだと何やらこのラオックスがここまで育つ初動の初動でまだ株価が100円以下の時にここは化けると言っていた投資家が次に石炭火力発電インフラの整備が日本は必要不可欠と。
日本の最先端発電インフラの一翼を担うとやらで○○××に注目だとか。
楽しみな銘柄となるかもしれない。


もしよろしければ、応援クリックをお願い致します!→ 
人気ブログランキングへ

| 紋次郎 | 08:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

ここからどうなる日経平均?
ただ昨日は7年7ヶ月ぶりに日経平均18000円!
喜ばしい限りである反面、何故かあまり儲かった、儲かったとの声が聞こえてこない。
しかしここで久しぶりに話題になってきた「物言う株主ならぬファンド勢」!これに私はアベノミクスで株高を更に期待している。
何故なら私の記憶によるとこの手のファンド勢が日本株の大株主に登場するとマーケットは暫く堅調に推移する感覚があるからだ。
そしてここでソニー、IHI、そしてファナックの大株主に登場した米国ファンドのサード・ポイントが話題になっているが私の考えでは日経平均の寄与度が高い銘柄を選んで来たことがキーだと思っている。
大体、いつも不思議とこの手のファンド勢が出てくるとマーケット関係者の大半は「企業において内部留保されている現金を狙っている」などを取り挙げるが私は今回の選択は単に日経平均が上がれば自ずとファナックは上がる感覚が強い。
即ち、外国人投資家に日本株はここから更に上がると思っている投資家がいることに注目して良いのではなかろうか。


もしよろしければ、応援クリックをお願い致します!→ 
人気ブログランキングへ

| 紋次郎 | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

順調な上昇となるか東京市場!
トレンド的には少し上値があってもおかしくなさそうだが(笑)
ただ今週、来週とまたあのアノマリーが帰ってくる。
そう週末の金曜ロードショーで「ジブリ作品」が放映される。
さぁどんな展開となるか!
アノマリーを打ち破れ。
そんなもの(笑)
少し気になったのでご報告までに。

| 紋次郎 | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

しかし昨日の東京市場!で最近のマーケットの値動きの象徴ともいえる出来事が起きた!
それはあの6785ソニーが一時ストップ高まで買い進まれたこと。
大きな材料が出てストップ高での寄り付きならば私も分からなくもないが最高益で売られてしまう日立を横目にザラ場買い気配で始まりその後多少押し目を形成しそこからストップ高まで駆け上がりソニーがストップ高なんてITバブルの時は見た事あったが結構レアな出来事。
ただこれが最近の値動きを象徴したのではなかろうか!
投資家の中には大型株は重いからとか値動きが遅いなどと口にする投資家はいるが今の時代大型株だろうが小型株だろうが関係ないのではなかろうか。
こんな値動きできるならここから日経平均の更なる上昇期待したいところであります(笑)



もしよろしければ、応援クリックをお願い致します!→ 
人気ブログランキングへ

| 紋次郎 | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

どうも最近のNY市場は何となく乱高下し始めたように思われるが本当に東京市場は大丈夫なのか?
巻き込まれないで済むのか?
ただ米国市場は乱高下している環境下でも東京市場は意外としっかりとした展開が続いており、マーケット関係者の中には東京市場はNY市場と連動しなくなってきた!
NY市場とはかけ離れたと動きを辿れるかもと語るマーケット関係者が出てきた。
しかし本当に大丈夫なのか?
そこだけは疑問が残る。
しかし確かに金融緩和の欧州、日本などの株価はしっかりであり金融引き締めに向かう米国と真逆な環境にあるのは間違いない。
ただまだまだ金融の中枢は米国だと思うし万が一ここから米国市場が波乱となり急落でもしたら・・・・?まして米国市場は30年間右肩上がりの市場でありますからここらで少し休憩とでもなったら・・・・。
さぁどうなる事か?
ただそんな中、東京市場も材料株は意外と元気だしインバウンド関連銘柄は今1番外国人投資家が日本株で投資したいと訴えている。
実際年間日本を訪れる訪日外国人の数は昨年1300万人。そのうちアジア諸国からの訪日外国人が8割を占めるが最近の円安を訪日外国人は待っていたのだろう欧州からの訪日外国人も増えているのでここはインバウンド関連銘柄が賑わうの必然ではなかろうか。
そこでやはりインバウンド関連銘柄として今後もマーケットの話題を掴みそうな銘柄はヤハリ!~(以下会員ページ)~

※会員ページでは詳細情報を掲載しております。
ご興味のある方はコチラ


もしよろしければ、応援クリックをお願い致します!→ 
人気ブログランキングへ

| 紋次郎 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

東京市場も少し打たれ強くなったかなぁ?
米国は金融引き締めなのだから多少株価も調整局面に入っても悪くない。それにNY市場は30年間右肩上がりですよ!羨ましい限りや(笑)
しかし今は欧州と日本などは金融緩和。
ならばここはある意味NY市場と東京市場は真逆な金融政策であり、NY市場が下がるなら東京市場も危ないかなと思いましたがひよっとしたら今年はNY市場が下がっても東京市場は独自の動きを展開してくれるかもしれない。
これはそうあって欲しい期待でもあります。しかし最近の東京市場も値動きを見ていると独自の値動きも満更でもないし可能ではないかと感じています。
何故ならば最近の値動きを見ていると小さい材料でも大型株、小型株関係なくある程度物凄い値動きをする。
ならばここは今年も東京市場はアベノミクス!アベノミクス本領発揮の相場展開を期待したいところであります。
ともかここは決算発表が相次いでいますから決算発表後よく内容を確認し落ち着いて投資していきましょう。


もしよろしければ、応援クリックをお願い致します!→ 
人気ブログランキングへ

| 紋次郎 | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

やや為替は円高、これは米国市場の影響なのだろうか?ただ金融緩和を発表した欧州諸国は流石に金融緩和発表後だけにまだまだしっかりした展開。
さてこうなると本日の東京市場はいかなるものか?普通に考えれば為替が円高方向からならば先物がやや弱含みを見せているように小休止となるのか?
しかし個人的には個別銘柄は見ると意外としっかりとした値動きを見せている銘柄は多く戻りを試している展開ではなかろうかと思っている。
まして最近流行りを見せているイナゴさん達(笑)イナゴが群れをなして個別銘柄に集中してくるととんでもない値動きを見せ見ているだけで面白い。
また彼等の特徴は個別銘柄で何かしらの好材料が発表されるとそのネタを楽しむかのように群がり下手するとあっという間にストップ高になったりする。
そこで今朝彼等が好みそうな材料としては先週末に6銘柄ほど新興市場から東証2部へ鞍替えした銘柄があるが今のマーケットで食品株は強い銘柄が多くその流れからなら○○××なんか意外と面白そうな気がするが。

| 紋次郎 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

しかし今度は日経平均もあっという間に17500円となりそうで年始の値段に。
結果的に今月は1000円下がって帰ってきた状態。
何も動かねば新しくまたスタートできたのかもしれませんね(笑)
さてマーケットは個別銘柄物色銘柄が賑わっており毎日何かしらストップ高するような銘柄が続出している。
その中個人的に気になる銘柄として~(以下会員ページ)~

※以下、会員ページでは詳細情報を掲載しております。
ご興味のある方はコチラ

| 紋次郎 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

相変わらず投資家はマーケットの値動きに翻弄されている気がしてならない。
投資とは本来余裕資金でマーケットに望まねばならない筈が・・・。
しかし最近はディトレの世の中!
株を買ったり空売りしたりしても3日も4日寝かす投資家は少ないしリスクを考えるならば一番安全、安心なのかもしれない。
さぁなんとなく今年は個別銘柄が賑わっているような気がしてならない。
まさに材料株相場の1年になるのを期待してます。

会員の皆様も頑張りましょう。

| 紋次郎 | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紋次郎

紋次郎

しかし困ったものです。
今年の東京市場は乱高下が当たり前(笑)そしてこの値動きを何回繰り返したら良いのだろうか?
今朝の日経先物を見ると先物は17000円を回復しているではありませんか!この値幅は金曜日の安値から考えたらもう500円幅近く動く計算となる。
本当にムカつく値動きで腹立ちますが不思議なマーケットです。
ただどうなのか?
今年のマーケットは乱高下が当たり前なのを学習したとするならばこの17000円乗せは普通なら買う事は出来ない。
そして現状を考えると日経平均で16500円に近づくと買って今朝の水準は売りとなる。
ならば今日はどうしましょう?
ここから売り上がればまた日経平均16500円付近いやそれ以下で買い戻す事が可能なのか?
まして私の友人で証券会社の営業マンの話を聞くと昨年末からどうやら顧客達が身動き取れない状況に追い込まれここで下手に動くと取り返しが付かないと嘆いていたのが印象的である。
ともかく個人的には「短期急落、そして超深押し買いの吹き値売り」に徹する。
これで良いのかもしれない。
そして狙うは個別銘柄。
そしてマーケット環境だけはいつ変わるか分からないが早く日経平均が20000円に向かう事を祈り20000円に向かうならばこの位置はどこを買っても良い訳だから相場環境が良くなることを待ち望んでいる(笑)

| 紋次郎 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT