FC2ブログ

株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,644.31(-18.43)

■東証1部出来高    14.49億株

■東証1部売買代金   2.54兆円

■日経平均先物    22,630(±0)

■TOPIX        1,744.71(-1.34)

■騰落        上昇1,039/下落984

■マザーズ指数    1,027.61(+17.65)

■日経JQ       3,763.87(+17.00)

■ドル円       111.26

■東証全体値上がり率ランキング
 1.山田コンサル(JQ:4792)2531(+500)
 2.仙波糖化(JQ:2916)  1230(+215)
 3.パス(東2:3840)     358(+62)
 4.ジャムコ(東1:7408)   2921(+500)
 5.リンクバル(東マ:6046) 4285(+700)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.オールアバウト(JQ:2454)1001(-281)
 2.KLab(東1:3656)    957(-226)
 3.クレスコ(東1:4674)    2765(-620)
 4.ヒラノテク(東2:6245)   2490(-441)
 5.アーレスティ(東1:5852)  861(-124)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国株の連日の上昇を好感し買いが優勢となりました。朝方こそ売り買い交錯となりましたが、好業績銘柄を中心に買いが続き上げ幅を拡大。上海株の下げが限定的と確認されたこともプラスとなりました。
 後場は市場予測を上回る結果となった7月中国貿易統計を受け買いが先行。その後、先物主導で下げ足を速め下げ転換。週末に控えたオプションSQの思惑的な売りとの見方もあるなか、戻りは限られ小幅安で取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、ゴム製品、食料品でした。一方、値上がり上位は、海運業、情報・通信業、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人(原)
日経平均は小動き。ボックスの中の動き方を確認する一日でありました。
新興市場が大きく反発。ジャスダックが大幅反発、マザーズ指数は続伸。国内市場で活躍する企業が多いです。
良い銘柄をスタッフ一同探し、ご連絡していきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,750.48(+87.74)

■東証1部出来高    7.00億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    22,740(+110)

■TOPIX        1,751.34(+5.29)

■騰落        上昇1,251/下落730

■マザーズ指数    1,024.70(+14.74)

■日経JQ       3,763.30(+16.43)

■ドル円       111.37

■東証全体値上がり率ランキング
 1.仙波糖化(JQ:2916)   1223(+208)
 2.山田コンサル(JQ:4792) 2418(+387)
 3.MTジェネック(JQ:9820)6340(+1000)
 4.タカラトミー(東2:7867)  1048(+150)
 5.SMN(東マ:6185)    4905(+700)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.オールアバウト(JQ:2454)1019(-263)
 2.KLab(東1:3656)    948(-235)
 3.クレスコ(東1:4674)   2790(-595)
 4.ヒラノテク(東2:6245)   2502(-429)
 5.高田工業所(東2:1966)  691(-106)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。米国株の連日の上昇を好感し買いが先行。直後に前日終値近辺でもみ合いましたが、好決算銘柄を中心に買いが続き上げ幅を拡大。上海株の下げが限定的と確認されると、上値を伸ばし高値圏を維持した動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、情報・通信業、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、食料品、ゴム製品、繊維製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人(原)
チャート掲載しました通りジャスダックはプラスで終わっております。後場失速しないことを願うところです。
どの市場も値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回り終わっております。
日本市場を取り巻く環境は決してよくありませんが、打診買いが入り色々な不安材料が好転してくことを期待します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,662.74(+155.42)

■東証1部出来高    13.24億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    22,630(+140)

■TOPIX        1,746.05(+13.15)

■騰落        上昇1,382/下落644

■マザーズ指数    1,009.96(+3.15)

■日経JQ       3,746.87(-20.80)

■ドル円       111.32

■東証全体値上がり率ランキング
 1.和井田(JQ:6158)    1427(+300)
 2.山陽百貨店(JQ:8257)  3400(+600)
 3.エクストリーム(東マ:6033)3610(+610)
 4.日本電子材料(東1:6855)  903(+150)
 5.山一電機(東1:6941)    1570(+251)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ムゲンエステ(東1:3299) 741(-300)
 2.パイオニア(東1:6773)  119(-37)
 3.オプテックスG(東1:6914)2456(-644)
 4.シュッピン(東1:3179)  1416(-345)
 5.札臨(JQ:9776)     2107(-492)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は、好決算を発表したソフトバンクG(東1:9984)が相場をけん引し買いが優勢となりました。朝方は前日の米株高を好感し買いが先行。その後、上海株の動向を警戒し弱含む場面もみられましたが、プラス圏での推移が確認されると上げ幅を拡大。もっとも上海株が伸び悩むと上げ幅を縮小するなど、上値の重さが目立ちました。
 後場は、上海株の上昇を受け買いが先行し、その後も先物買いを交えて上げ幅を拡大。為替の安定を支えに小動きながら上値を伸ばし、高値引けとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、情報・通信業、鉱業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙、精密機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続落しました。
 
■釣り人(原)
上海はどうなるのか。ドル円が静かな動きのなか気になる海外要因でありましたが、2%を超える上昇となっています。
2%と言いますと日経平均ですと400円を超えるということです。
W底を意識した買いが行われたのか?それとも何らかの政策的な買い付けが行われたのか定かでありませんが大陽線となります。

さて、東京市場ですが東証1部に比べ、ジャスダック・マザーズや東証2部においても値下がり銘柄数が多い日となりました。
マザーズ指数はなんとかプラスで終わりましたがジャスダックは9本連続の陰線。
7月26日高値3854ポイント。7月5日の安値3679ポイント、半値押し3766ポイント。これを割り込んでおります。半値押しのところが抵抗ラインとなりませんでした。
それではダメだという気持ちではありません。
安くなってくれば反発がいずれ訪れます。それがいつなのか明日も気にして見ていきます。きっとジャスダックが反発すれば中小型株が活躍する楽しい相場となるでしょう。
それでは明日よろしくお願い致します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,562.10(+54.78)

■東証1部出来高    6.37億株

■東証1部売買代金   1兆円

■日経平均先物    22,550(+60)

■TOPIX        1,735.46(+2.56)

■騰落        上昇927/下落1,052

■マザーズ指数    1,007.36(+0.55)

■日経JQ       3,749.61(-18.06)

■ドル円       111.31

■東証全体値上がり率ランキング
 1.山陽百貨店(JQ:8257) 3400(+600)
 2.日本電子材料(東1:6855)899(+146)
 3.日本製鋼所(東1:5631)  3185(+485)
 4.チャームケア(東2:6062)1265(+190)
 5.山一電機(東1:6941)  1542(+223)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ムゲンエステ(東1:3299) 741(-300)
 2.パイオニア(東1:6773)  120(-36)
 3.シュッピン(東1:3179)  1412(-349)
 4.山田コンサル(JQ:4792)2004(-462)
 5.札臨(JQ:9776)    2120(-479)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米株高を好感し買いが先行。上海株の動向を警戒し弱含む場面もみられましたが、プラス圏での推移が確認されると上げ幅を拡大。好決算を発表したソフトバンクG(東1:9984)が指数を押し上げたものの、上海株の伸び悩みとともに上げ幅を縮小するなど、外部環境の先行き不透明感が重しとなり上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、値上がり上位は、情報・通信業、保険業、石油石炭製品。一方、値下がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙、銀行業となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続落しました。
 
■釣り人(原)
閑散に売り無しと言われていますが、一理ありますしそうでない時もあります。
上海市場の動きを気にする場中となりました。7月6日の安値とほとんど面合わせの状況です。さて、W底となるのかどうか。気になる場所であります。

朝お伝えしていましたジャスダック。朝寄り付き後、売り物に押されほぼ安値引けです。
確かにこの指数は昨年一本調子で上がりました。それに対する反落と言えばそうなんですが、月足チャートでも7カ月連続の陰線になろうとしています。
仮にいずれ下がるとしてもそろそろ反発が起きてもおかしくない需給にきているのではなかろうか?そんな想像を伝えるものであります。
それでは後場よろしくお願い致します。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 前引け・大引け概況 | 11:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,507.32(-17.86)

■東証1部出来高    13.50億株

■東証1部売買代金   2.08兆円

■日経平均先物    22,490(-20)

■TOPIX        1,732.90(-9.68)

■騰落        上昇540/下落1,486

■マザーズ指数    1,008.49(-11.84)

■日経JQ       3,771.16(-17.25)

■ドル円       111.31

■東証全体値上がり率ランキング
 1.パス(東2:3840)      345(+80)
 2.AMI(東マ:3773)    1900(+343)
 3.エクストリーム(東マ:6033)3000(+500)
 4.アクサスHD(JQ:3536) 153(+24)
 5.サトーHD(東1:6287)  3580(+520)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.A&D(東1:7745)    804(-251)
 2.フォスタ電(東1:6794)  1173(-350)
 3.山田コンサル(JQ:4792)2466(-500)
 4.ASB機械(東1:6284)  4980(-1000)
 5.グンゼ(東1:3002)   5540(-1000)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は上海株の落ち着きを好感し買いが優勢の展開となりました。前週末の米国市場が7月雇用統計を背景に主要3指数が揃って上昇したことを受け買いが先行。円高ドル安進行に加え、米中貿易摩擦への警戒感が上値を重くし下げに転じる場面もみられましたが、上海株の推移を眺めプラス圏に浮上。前引けにかけて上げ幅を拡大しました。
 後場は上海株の下落を受け売りが先行。次第に上げ幅を縮小し再びマイナス圏入りしました。為替は朝方よりも円安ドル高であるものの戻りは鈍く、そのまま本日の安値圏で取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、建設業、金属製品でした。一方、値上がり上位は、情報・通信業、鉄鋼、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■釣り人(原)
個別株にとって厳しい値動きの一日でした。
東証1部の2/3の銘柄が下落しています。日経平均はわずか17円安でありますが、ジャスダックやマザーズ指数においても下落銘柄数がはるかに多い一日でありました。
不安心理が市場の上値を抑え上昇しないので見切り売りが出ております。
こんな時こそ買い場がくるのではなかろうか?との考えで、優良な会社で安くなった銘柄の解説に力を入れていきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,626.56(+101.38)

■東証1部出来高    6.76億株

■東証1部売買代金   0.95兆円

■日経平均先物    22,590(+80)

■TOPIX        1,746.87(+4.29)

■騰落        上昇1,107/下落885

■マザーズ指数    1,015.70(-4.63)

■日経JQ       3,779.97(-8.44)

■ドル円       111.32

■東証全体値上がり率ランキング
 1.パス(東2:3840)    345(+80)
 2.ノリタケ(東1:5331)  7010(+1000)
 3.レック(東1:7874)  5230(+700)
 4.AMI(東マ:3773)  1795(+238)
 5.大平洋金属(東1:5541)3725(+475)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.フォスタ電(東1:6794)  1220(-303)
 2.A&D(東1:7745)    872(-183)
 3.ASB機械(東1:6284) 4980(-1000)
 4.NIC(JQ:5742)   1103(-177)
 5.データアプリ(JQ:3848)1880(-253)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国市場は7月雇用統計を背景に主要3指数が揃って上昇し、これを受け買いが先行。円高ドル安進行に加え、米中貿易摩擦への警戒感が上値を重くし下げに転じる場面もみられましたが、上海株の落ち着きが確認されるとプラス圏に浮上し上げ幅を拡大。高値圏で推移し前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、情報・通信業、水産・農林業でした。一方、値下がり上位は、銀行業、その他製品、金属製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■釣り人(原)
安寄りした上海市場が切り返すのを見ては日経平均先物に買いが入ってきました。
為替も少し安定。悪材料が多い市場ですが徐々に好材料が出てくることを期待するものです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,525.18(+12.65)

■東証1部出来高    13.99億株

■東証1部売買代金   2.32兆円

■日経平均先物    22,510(±0)

■TOPIX        1,742.58(-9.51)

■騰落        上昇435/下落1,609

■マザーズ指数    1,021.72(-12.84)

■日経JQ       3,792.72(-22.64)

■ドル円       111.67

■東証全体値上がり率ランキング
 1.エクストリーム(東マ:6033)2500(+500)
 2.ダイヤ通商(JQ:7462)  1399(+266)
 3.大塚家具(JQ:8186)   445(+80)
 4.プロレド(東マ:7034)   8560(+1500)
 5.ヴィンクス(東1:3784)   1340(+227)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.メガチップス(東1:6875)2184(-500)
 2.ダイヘン(東1:6622)  591(-118)
 3.山崎パン(東1:2212)  2307(-458)
 4.ロジスネクス(東1:7105)1183(-227)
 5.あらた(東1:2733)   5330(-1000)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は前日の米ハイテク株高を好感し買いが優勢の展開となりました。ただ、米中貿易摩擦への懸念が解消していないことや、上海株が落ち着いた動きにとどまったことから、積極的に買い進むには至らず小高い水準でのもみ合いとなりました。
 後場は売りが先行。決算を手掛かりとした個別物色は旺盛である一方、週末要因に加え、今晩の米国雇用統計を前に売買を手控える動きもみられ、目立った動きのない相場となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、食料品、海運業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、精密機器、石油石炭製品、鉱業となりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人(原)
日経平均は+12円で終わりましたが、値上がり銘柄数435、値下がり銘柄数1609と下がった銘柄がほとんどです。
2部指数やジャスダック、マザーズ指数においてもそうです。
日経平均が下がっても個別株が賑わう相場。これが楽しい相場であります。来週からの日銀の動き、それに対して色々な投信やヘッジファンドはどう動くでしょうか?期待します。
今週の日経平均の動きは小動きでありました。
こちらも来週以降解説していきます。お疲れ様でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,545.15(+32.62)

■東証1部出来高    6.76億株

■東証1部売買代金   1.07兆円

■日経平均先物    22,490(-20)

■TOPIX        1,747.46(-4.63)

■騰落        上昇530/下落1,487

■マザーズ指数    1,029.29(-5.27)

■日経JQ       3,800.72(-14.64)

■ドル円       111.69

■東証全体値上がり率ランキング
 1.ヴィンクス(東1:3784) 1328(+215)
 2.ダイヤ通商(JQ:7462)1351(+218)
 3.NSSOL(東1:2327)3385(+454)
 4.倉元(JQ:5216)   159(+18)
 5.セーラー(東2:7992)  298(+33)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.メガチップス(東1:6875)2185(-499)
 2.あらた(東1:2733)   5340(-990)
 3.山崎パン(東1:2212)  2351(-414)
 4.山陽特殊製鋼(東1:5481) 2502(-396)
 5.アカツキ(東1:3932)   3460(-545)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米ハイテク株高を好感し買いが先行。ただ、米中貿易摩擦への懸念は解消されていないことに加え、中国・アジア株安を受け前日の後場は大幅下落となったことから積極的に買い進むまで至らず、小高い水準で小幅な動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、海運業、食料品でした。一方、値上がり上位は、輸送用機器、その他製品、小売業となりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人(原)
午前中にTOPIX先物の週足チャートを掲載しました。
その時はまだ前日終値を割り込んでおりませんでしたが、現在1740-14と割り込み始めています。日足チャートで二段下げに入ってきていることが見てとれます。
TOPIXが軟調だということは個別株が軟調であるということ。東証1部の値上がり銘柄数は530、値下がり銘柄数は1487、3倍もの値下がり銘柄数です。
これは日銀のETFの変更が行われるということで、発表後の2日ほど強張っていましたがそれに対する利益確定売りと、実際に来週はどうなるのかということであります。
良い銘柄をどこで買えばよいのか?あるいはどこで買い増しをするべきなのか?その辺りの解説を行っていきます。
会員ページでは本日は強気のことは書かず、少し軟調だろうということをお伝えしておりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,512.53(-234.17)

■東証1部出来高    16.42億株

■東証1部売買代金   2.76兆円

■日経平均先物    22,510(-270)

■TOPIX        1,752.09(-17.67)

■騰落        上昇509/下落1,509

■マザーズ指数    1,034.56(+1.86)

■日経JQ       3,815.36(-3.49)

■ドル円       111.56

■東証全体値上がり率ランキング
 1.アドウェイズ(東マ:2489)614(+100)
 2.ビジョナリー(JQ:9263)157(+25)
 3.ニチダイ(JQ:6467)  1036(+150)
 4.アイエスビー(東1:9702) 2178(+309)
 5.クレステック(JQ:7812)1336(+182)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.イマジカロボ(東1:6879) 628(-150)
 2.イーレックス(東1:9517) 967(-187)
 3.Eガーディアン(東1:6050)2542(-389)
 4.カッシーナ(JQ:2777)  912(-136)
 5.ヒノキヤG(東1:1413)  2795(-400)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は円安一服を嫌気し売りが優勢の展開となりました。前日の米国市場では米中貿易摩擦問題が再燃しダウ平均が下落。これを受け国内市場は中国関連銘柄を中心に売りが先行し、円が強含む場面では下げ幅を拡大しました。一方で、決算銘柄の個別に物色する動きからプラス圏に浮上する場面もみられました。
 後場は中国・アジア株安を嫌気し売り物がちにスタート。時間外取引の米株価指数先物の軟調推移もあり、その後も先物売りを交えて下げ幅を拡大。そのまま安値圏でもみ合い本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、非鉄金属、海運業、鉱業。一方、値上がりしたのは、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続落しました。
 
■釣り人(原)
米中の貿易摩擦が重くのしかかる本日となりました。
国内の10年物長期金利は安定していたのですが為替が円安に向かうことはありませんでした。
東京電力HD(東1:9501)がしっかりと上昇。そして東京ガス(東1:9531)も気になるところ。日経平均がボックスの動きに変化しています。NYダウが大崩れしないことを期待するものです。
それでは明日よろしくお願い致します。

お盆前に弊社の姉妹ページ「日経先物&FX 桃太郎」「日経225先物と釣り人」の購読料を値下げ予定です。
多くの方に親しみやすい先物ページとして運営していきたいと思います。
上げも下げもとるチャンスがあるのが先物取引であります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,654.91(-91.79)

■東証1部出来高    7.67億株

■東証1部売買代金   1.2兆円

■日経平均先物    22,620(-160)

■TOPIX        1,765.04(-4.72)

■騰落        上昇1,047/下落965

■マザーズ指数    1,038.68(+5.98)

■日経JQ       3,826.15(+7.30)

■ドル円       111.61

■東証全体値上がり率ランキング
 1.エクストリーム(東マ:6033)2138(+396)
 2.アドウェイズ(東マ:2489) 614(+100)
 3.ニチダイ(JQ:6467)   1036(+150)
 4.クレステック(JQ:7812) 1346(+192)
 5.アイエスビー(東1:9702)  2156(+287)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.カッシーナ(JQ:2777)  866(-182)
 2.イーレックス(東1:9517) 958(-196)
 3.イマジカロボ(東1:6879) 651(-127)
 4.ジャストプラ(JQ:4287) 832(-118)
 5.マークラインズ(東1:3901)1802(-248)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国市場は米中貿易摩擦問題の再燃を背景にダウ平均が下落。円安一服も嫌気され売りが先行しました。決算を手掛かりとした個別物色や、国内長期金利の上昇を受け金融株が買われプラス圏に浮上する場面もみられましたが、円の強含み推移とともに下げ幅を拡大。安値で前場取引を終えました
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、非鉄金属、石油石炭製品、鉱業でした。一方、値上がり上位は、パルプ・紙、保険業、サービス業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人(原)
日経平均はNYダウの下落、そして為替が少し強含んでいることで軟調となっております。
ただ、新興市場がジャスダック・マザーズ指数ともにプラス。物色が少し回っております。

NYダウのちょっとした調整を予測しお伝えしているわけですが、日本市場はそれと別の動きになる可能性があります。
気になるのは来週からの日銀のETF購入のやり方であります。
それでは後場を見ていきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT