株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

釣り人(原)

釣り人 

本日の日経新聞でオプションのプットの売買が増え下げに備える動きが大きく出ていると書かれています。
普通ですとそうでしょう。ところが現在日経平均は250円高と反対へ動いております。
思うことは多くのファンドがこの荒い値動きに対して値幅をとりたいとヘッジを入れたり、あるいは順張りで売買を入れているものと思われます。
現在のところそれほど大きな値動きではないかもしれませんが、そのことが大きな値動きを発生させると思われます。
上がれば更に上がる。売り方の買い戻しが入ってくるということ。下がれば更に売り崩される、ヘッジ売りが大量に入ってくるということ。
そのように思いますので、先物が200円高していても5分足で追いかけ波動が上げ波動だと思えば買いでついていく、逆もそうであります。そんな感じです。

※先物のページから

先物取引というと怖いイメージがありますが、ロスカットをきちんと設定すればそうでもありません。
現在個別株が日経平均の大きな動きに対して上に下にと引っ張られています。落ち着くことを期待しますが、波乱の日々はもう少し続きそうです。
ただ何度もお伝えしていますが、日足で三段下げが先週完了しているということ。そして7月5日の安値の時三空の投げの銘柄が600を超えたことにより「買い線だ」と伝えています。
どんどん持ち株を増やすわけにいきませんが、保有している株の含み損が回復し始めることを期待するものであります。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

スポンサーサイト

| 釣り人 | 11:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT