株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

七夕キャンペーン

≫ EDIT

米国市場概況(12日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,320.73 -1.58
■ナスダック
 7,703.79 +43.87
■CME225(円建て)
 22,800 -30(大証比)
■ドイツDAX
 12,842.30 -0.61
■上海総合指数
 3,079.80 +27.02
■ドル円
 110.49

 12日のNY市場はまちまち。米朝首脳会談が終了し、地政学リスクが後退し買いが先行。概ね予想通りの結果と受け止めが広がり相場への影響は限られ、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に持ち高整理などの売りに押され次第に上げ幅を縮小。一方で、ハイテク株に買いが続きナスダック総合指数は過去最高値を更新。ただ、相場全体を方向付ける新たな取引材料に乏しく、全体に小幅な値動きにとどまりました。
 セクター別では、公益事業やメディアが上昇する一方でエネルギーや保険が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三菱商<8058>、HOYA<7741>が堅調。半面、NTT<9432>、任天堂<7974>、京セラ<6971>、ルネサス<6723>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.37円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT