株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

七夕キャンペーン

≫ EDIT

米国市場概況(8日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,316.53 +75.12
■ナスダック
 7,645.51 +10.44
■CME225(円建て)
 22,630 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,766.55 -44.50
■上海総合指数
 3,067.15 -42.35
■ドル円
 109.44

 8日のNY市場は上昇。主要7カ国首脳会議で、通商問題を巡って米国の孤立が懸念され朝方は売り優勢の展開。午後に入ると、生活必需品などを中心に割安感に注目した買いが入り上げに転じましたが、米朝首脳会談や米連邦公開市場委員会(FOMC)などの重要イベントを控え買いの勢いは限定的となりました。
 セクター別では、食品・飲料・タバコや家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が下落。
 ADRの日本株は富士通<6702>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、大和ハウス<1925>、味の素<2802>、大成建<1801>がしっかりな一方、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、京セラ<6971>はさえないなど、対東証比較(1ドル109.55円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT