FC2ブログ

株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前場の動きから

長島和弘

2018/06/07(木) 12:05
前場の動きから

 6月7日の東京株式市場、前引けの日経平均株価は214円12銭高の2万2839円85銭と4営業日続伸しています。

 日経寄与度の高いソフトバンク(東1:9984)は、8179.0円(-18.0円)。ファーストリテ(東1:9983)は、4万9480.0円(+1170.0円)。ファナック(東1:6954)は、2万2735.0円(+270.0円)。

 TOPIXコア30のトヨタ(東1:7203)は、7610.0円(+136.0円)。三菱UFJ(東1:8306)は、686.6円(+13.7円)。ソニー(東1:6758)は、5508.0円(-31.0円)。

 トランプ関連の信越化(東1:4063)は、1万1435.0円(+200.0円)。いすゞ(東1:7202)は、1580.0円(+29.5円)。コマツ(東1:6301)は、3582.0円(+119.0円)。

 日経平均株価は4営業日続伸。下がれば、日銀がETF買いを入れると思われますし、年金等の資金流入が期待されますので、引き続き12日の米朝首脳会談を目安に底堅い動きが続くと見ています。

 ただ、日経平均株価は2万3000円を視野に入れていますし、売買代金上位のソニー(東1:6758)が下げる一方で、任天堂(東1:7974)が上昇していますので、短期的なポジションは手仕舞い先行となり、上げ一服となるのか注意深く見ていきます。

日経平均寄与度(構成率)はこちらをクリック

日経平均構成銘柄値上り率上位はこちらをクリック

 会員ページでは、ヘッジのポジションの次のタイミングやフォローコメントをご覧いただけるほか、電話やメールでの銘柄相談もお受付しておりますので、是非一度会員ページをご覧下さい!

お申込はこちらから
スポンサーサイト

| 長島和弘 | 12:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT