FC2ブログ

株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,591.11(+51.57)

■東証1部出来高    6.67億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    22,580(+60)

■TOPIX        1,777.55(+2.59)

■騰落        上昇1,029/下落970

■マザーズ指数    1,101.27(-9.39)

■日経JQ       3,916.93(+2.49)

■ドル円       109.87

■東証全体値上がり率ランキング
 1.不二サッシ(東2:5940)  178(+50)
 2.大和重工(東2:5610)   162(+31)
 3.オリチエン(東2:6380)  142(+25)
 4.プラットホーム(東2:6836)4200(+700)
 5.アイケイ(東2:2722)   2014(+250)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.リリカラ(JQ:9827)   246(-47)
 2.CANBAS(東マ:4575) 743(-104)
 3.シグマクシス(東1:6088)  1289(-144)
 4.ユーザベース(東マ:3966) 3015(-330)
 5.ファンドクリG(JQ:3266)171(-17)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米株安やイタリア懸念の再燃など外部環境の不透明感を嫌気した売りが先行。その後、持ち直すも上値は重く前日終値近辺でのもみ合いに。7日の日米首脳会談や、週末のメジャーSQなど重要イベントを前に積極的にポジションを傾ける動きは限られ、方向感の定まらない動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、非鉄金属、ゴム製品でした。一方、値下がり上位は、機械、水産・農林業、その他製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、ジャスダックは反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■釣り人(原)
ドル円チャートと日経平均の動きが全く同じであるということ。以前から伝えていたことですが、日本株の独自性が少し失われているため更に為替の動きに連動する最近となっています。
一つの節が110円どころ。現在109.86ですからまさに節にあたっているところでありますが、安定するということでこのまま円安へと推移していくのか?それとも何らかの円買いが起こり少しばかり円高に向かうのか?ということが日経平均を予測する上で重要となっています。

大型株は上がっているけれど中小型株の動きがまだ見えません。
むしろ換金売りに押されている銘柄が多いのは残念なところです。幕間つなぎで低位の銘柄が物色されたりしていますが、良い銘柄の押し目を探していくのが基本的な戦略でしょう。
それでは後場も解説していきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT