株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

七夕キャンペーン

≫ EDIT

米国市場概況(31日)

なぎさ 

■NYダウ
 24,415.84 -251.94
■ナスダック
 7,442.12 -20.34
■CME225(円建て)
 22,100 -90(大証比)
■ドイツDAX
 12,604.89 -178.87
■上海総合指数
 3,095.47 +54.03
■ドル円
 108.8

 31日のNY市場は下落。トランプ米政権がカナダ、メキシコ、欧州連合(EU)に対し、鉄鋼とアルミニウムへの輸入関税を適用すると発表。これを受けカナダは報復措置を表明するなど、貿易戦争への懸念が高まり幅広い銘柄が下落。安全資産とされる米国債が買われ長期金利が下落する一方で、利ざや悪化への警戒感から金融株が売られるなど、リスク回避の売りが続く展開となりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品やソフトウェア・サービスが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、デンソー<6902>、日東電<6988>、TDK<6762>が小じっかりな半面、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>がさえないなど、対東証比較(1ドル108.8円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT