株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績
お申込みはこちらをクリック!

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      19,736.72(-1.99)

■東証1部出来高    9.90億株

■東証1部売買代金   1.23兆円

■日経平均先物    19,710(-20)

■TOPIX        1,615.86(-2.04)

■騰落        上昇826/下落1,050

■マザーズ指数    1,081.12(-8.88)

■日経JQ       3,312.70(-11.90)

■ドル円       110.00

■東証全体値上がり率ランキング
 1.ジェイリース(東マ:7187)  1221(+203)
 2.小田原エンジ(JQ:6149)  1809(+288)
 3.オールアバウト(JQ:2454) 1222(+183)
 4.長野計器(東1:7715)    906(+131)
 5.ニチリン(東2:5184)    3010(+429)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ブロバンタワ(JQ:3776)  197(-57)
 2.シライ電子(JQ:6658)   300(-65)
 3.フジマック(東2:5965)   1720(-359)
 4.ホープ(東マ:6195)     1232(-243)
 5.スノーピーク(東1:7816)  2725(-510)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は前日に大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが入り小幅高でスタート。好業績銘柄を中心とした個別物色が続くものの、北朝鮮情勢への警戒感やお盆休み前とあって持ち高調整の売りも出やすく、徐々に上げ幅を縮小し午前の取引を終えました。また寄り付き前に発表された6月機械受注や、7月国内企業物価指数に対する反応は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、銀行業、建設業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、化学となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■釣り人
昨日の大幅安のあと為替も110円台に戻るところがありましたが、朝方のちょっとしたリバウンドでまた押されて前場は終わっています。
SQ前日に出た北朝鮮問題が日経平均の下げ幅を大きくしたのは事実でしょう。理由はともかくチャートは悪化してしまいました。慎重な対応が求められます。
会員様の多くはキャッシュポジションが多くなっていると思います。その比率がすごく多くなれば下がったほうが株は買いやすくなります。仮にナンピンを入れる場合でもそうです。
しっかりと解説していきますのでどうぞご覧ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT