株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      20,080.04(+94.25)

■東証1部出来高    17.18億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    20,070(+90)

■TOPIX        1,634.38(+5.88)

■騰落        上昇1,172/下落719

■マザーズ指数    1,125.90(+17.03)

■日経JQ       3,326.29(+24.43)

■ドル円       110.81

■東証全体値上がり率ランキング
 1.アジア開発(東2:9318)23(+5)
 2.サンユウ(東2:5697) 455(+80)
 3.ASJ(東マ:2351)  2333(+400)
 4.アトミクス(JQ:4625)895(+150)
 5.保土谷化学(東1:4112)6450(+1000)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.パートナーA(東マ:6181) 421(-65)
 2.アルデプロ(東2:8925)  121(-15)
 3.ティーガイア(東1:3738) 2010(-209)
 4.セプテーニHD(JQ:4293)307(-28)
 5.寿スピリッツ(東1:2222) 3855(-335)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は決算を手掛かりとした個別物色に加え、米国株高の流れを受けハイテク株や金融株、電子部品株など幅広く買いが集まり、2万円を超える水準での推移となりました。
 後場は円相場が1ドル=110円台後半と前場より円安に振れたことから、先物買いを交え上げ幅を拡大。高値圏では利益確定売りが出て2万100円を挟みもみ合いとなりましたが、全体としては堅調に推移し本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、鉄鋼、その他製品でした。一方、値下がり上位は、パルプ・紙、不動産業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
為替が大きく円安のほうへ反転してくれました。
振り返れば112円どころで「節ではなかろうか?為替はそろそろ反転する可能性がある」と伝えましたが、その後は思うような反転が見れず今日に至っております。

そして昨晩も110円という節を瞬間割り込み、切り返したチャートを見ては「円安進行となるのではなかろうか?」と書込み、どうやら日経平均は2万円台を回復しました。
ただ弱気な見方の層は厚いです。
私も再度110円を割るような円高になると、何をか言わんや厳しい見方となります。
日本も他国に負けない良い相場がおとずれることを期待し、明日もみていきます。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT