株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績

≫ EDIT

週間展望 釣り人(7/30)

釣り人 

週末のNYダウは33ドル高・反落の可能性を伝えましたが・・しっかりナスダック7ポイント安 ドル円110.65金曜日のイブニングにおいて北朝鮮のミサイル発射が伝わり110.60の円の高値を瞬間ブレイクしました。この為替に関に関して読み辛くなりました・・高値支持ラインは110円あたり。
それでもCME225 さほど下がらず19960+10

今週号の日経ヴェリタスに私たち年金のGPIFの運用について書かれています。高橋理事長の話もあります。簡単に要約すると144兆円も運用する「クジラ」という巨体ですから極力市場に対して与える影響を小さくしようとしてきた基本はそうですがESG投資という方法に少し資金を回しているとのこと、米国経済の強さを信じているとのこと・・など。ウォーレンバフェットという有名な投資家も米国を信じ続けた結果今の財産が有るのは周知のとおりです。日本もそうであってほしいものです。

東京証券取引所では必要最低投資金額を「5万〜50万円」とすることを推奨しているみたいで来年の10月まで売買単位が100株となってきます。
これは少し違和感を覚えます。ご存知の通り高収益の会社は株価が高くすでに100株単位となっています。勿論個人投資家が買いやすくするためです。
「株価が高いのは良い会社である」これにある程度沿っています。

ところが業績の悪い株も100株単にとなる・・これはまだいいのですが株価併合で多くの会社が1対10を行い150円の株が1500円となってきます。
つまり見た目は悪い株が良い株の株価を上回ることになります。

例えば三菱UFG711円すでに100株での売買単位 佐賀銀行現在262円この株価の差は納得です。ところが9月30日に現在のままだと佐賀銀行は併合により2620円になるのです。この逆転は視覚でどうも違和感を生みます。

つまりぼろ株の併合により値段が数千円になった株は売りの目で見てすでに100株単位の株は基本買いの目で見るということです。
まだ時間が少しありますので個別株で伝えていきます。

さて月曜日日経が大きく上昇しないと月足陰線です。
8月相場どう見るか?月曜日しっかり見て解説していきます。

今日はここまでです。今週もよろしくお願いします。

当ブログに釣り人の気になる銘柄載せてあります。
↓↓こちらをクリック↓↓時々更新されます。


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 釣り人 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT