株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績
お申込みはこちらをクリック!

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      19,994.54(-85.10)

■東証1部出来高    9.27億株

■東証1部売買代金   1.2兆円

■日経平均先物    19,970(-80)

■TOPIX        1,623.79(-3.05)

■騰落        上昇766/下落1,098

■マザーズ指数    1,171.43(-13.43)

■日経JQ       3,357.31(-13.60)

■ドル円       111.11

■東証全体値上がり率ランキング
 1.ピーエイ(東2:4766)    296(+80)
 2.アルパイン(東1:6816)   2086(+376)
 3.アサカ理研(JQ:5724)   1656(+243)
 4.プラマテルズ(JQ:2714)  707(+100)
 5.フタバ(東1:7241)     1162(+158)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.山加電業(JQ:1789)   690(-150)
 2.シンワアート(JQ:2437) 653(-125)
 3.新光電工(東1:6967)   819(-147)
 4.ソーシャルワイ(東マ:3929)1695(-293)
 5.ドリコム(東マ:3793)   1643(-258)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。やや円高水準の為替相場や一旦利益を確定する動きなどが重なり下落してスタート。その後も安値圏で軟調に推移しました。稲田朋美防衛相が辞任との報道を受け、政局不安の深まりが相場の重しになっているとの見方もあるなか、本日は多数の企業決算発表を控えていることから積極的な売買は見送られ午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、その他製品、パルプ・紙でした。一方、値上がり上位は、精密機器、食料品、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■釣り人
まさに小動きで日経平均のあまりの動きのなさで個別株も静かといいますか、少し下押ししている銘柄が多いみたいです。
いよいよ日経平均も三角持合の最終段階に入ってきそうです。
この日経平均は今月のスタートは三日新甫。
荒れるという予想はほとんどありませんでした。

さて予想は為替です。
秋に米国の利上げがあるであろうという考えが7月の始めまで大勢を占めそれで円安に向かったわけですが、どうやら怪しくなってきたというのが50%を超えてきているのでしょう。
その中で為替がどこで落ち着くのか探りあいとなっています。
この為替も今週はトレンドが出なくて小動き。
さて週末の後場はどんな動きとなるのか。見まして解説していきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT