株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績
お申込みはこちらをクリック!

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      20,048.62(+93.42)

■東証1部出来高    8.76億株

■東証1部売買代金   1.06兆円

■日経平均先物    20,050(+130)

■TOPIX        1,621.12(+4.05)

■騰落        上昇872/下落1,002

■マザーズ指数    1,195.13(+8.06)

■日経JQ       3,365.99(+9.92)

■ドル円       111.91

■東証全体値上がり率ランキング
 1.新日本理化(東1:4406)   241(+50)
 2.図研エルミック(東2:4770) 496(+80)
 3.IIF(東マ:6545)       10500(+1500)
 4.シンワアート(JQ:2437)  838(+100)
 5.PATH(東マ:3840)    199(+23)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.KOA(東1:6999)     2098(-265)
 2.シマノ(東1:7309)     16400(-1650)
 3.ADワークス(東1:3250)  46(-4)
 4.インフォマート(東1:2492) 779(-58)
 5.ソーバル(JQ:2186)    2184(-138)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は25日の米国株高、1ドル=112円と為替相場が円安に進んだことから買い先行。輸出関連銘柄を中心に幅広く買いが広がり、一時は2万100円台を回復しました。その後も決算を手掛かりとした個別物色が続き高値圏での推移となりましたが、利益確定売りや連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控えていることから、徐々に上げ幅を縮小し午前の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、証券商品先物、鉱業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、空運業、化学となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■釣り人
本日FOMCの声明があります。
為替が昨晩円安に向かったわけですが、その円安を追従する内容になるのか?それともそうではないのか?どちらにしても日経平均の下押しが小さいとすれば、個別株が意外と面白い状況が続くと考えます。
日経平均に関しては小動きですから、まだどちらかのボックスを離れたという感覚は持ちません。
下がればだめかもしれないなと思ったり、大丈夫であろうと思ったり、私も迷うところがあったりします。正解を当てていかねばと強く思うものです。それでは後場をみていきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT