株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      19,955.20(-20.47)

■東証1部出来高    14.97億株

■東証1部売買代金   1.88兆円

■日経平均先物    19,920(-20)

■TOPIX        1,617.07(-4.50)

■騰落        上昇593/下落1,297

■マザーズ指数    1,187.07(+4.90)

■日経JQ       3,356.07(+15.96)

■ドル円       110.88

■東証全体値上がり率ランキング
 1.協栄産業(東1:6973)  304(+80)
 2.パルステック(東2:6894)240(+50)
 3.アルメディオ(東2:7859)316(+65)
 4.アジア開発(東2:9318) 10(+2)
 5.ASJ(東マ:2351)   2833(+500)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.JMC(東マ:5704)     1360(-317)
 2.鉱研工業(JQ:6297)    690(-84)
 3.新内外綿(東2:3125)    127(-15)
 4.enish(東1:3667)   2886(-339)
 5.ビーマップ(JQ:4316)   2517(-294)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は為替相場がやや円安水準であることから買い優勢でスタート。一時は2万円台を回復しましたが上値は重く、その後徐々に上げ幅を縮小。前引け間際にはマイナスに転じました。
 後場は好業績銘柄に買いが入り前場終値から上昇。日銀のETF買い期待が支えとなりましたが、新たな手掛かりとなる材料に乏しく、政局不安や企業決算発表、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることから、引き続き様子見姿勢が強い相場となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、その他製品、空運業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、輸送用機器、非鉄金属となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
FOMCに対しての様子見にしては円高が進み残念な思いです。
月足チャートで日経平均は三段上げを行い、その三段目は先月まで3ヶ月連続高となっておりますので、上値を取ろうとする勢いはもう一つです。
個別株は良い銘柄が選択できていると思いますが、全体に対して勢いのある相場となる為に為替は115円を目指さなければならない状況であります。現状のように円高になるような理由が存在するのでしょうか?
とりあえずFOMCをみてみましょう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 15:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT