株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績
お申込みはこちらをクリック!

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      20,128.88(+30.50)

■東証1部出来高    8.52億株

■東証1部売買代金   0.92兆円

■日経平均先物    20,100(+40)

■TOPIX        1,621.93(+2.59)

■騰落        上昇975/下落855

■マザーズ指数    1,186.72(+3.12)

■日経JQ       3,297.27(+2.74)

■ドル円       113.18

■東証全体値上がり率ランキング
 1.ムラキ(JQ:7477)     168(+44)
 2.セキド(東2:9878)     109(+18)
 3.エンシュウ(東1:6218)   199(+31)
 4.ツインバード(東2:6897)  664(+99)
 5.ソウルド(東マ:6553     3090(+455)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.IDOM(東1:7599)    674(-95)
 2.スーパーV(JQ:3094)   1326(-155)
 3.PATH(東マ:3840)    186(-20)
 4.インタACT(東2:7725)  747(-76)
 5.TBグループ(東2:6775)  95(-9)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は米連邦準備制度理事会のイエレン議長の議会証言で、追加利上げに慎重な姿勢と米国経済について楽観的な見通しが示されたことを背景とした米国株高を受け、買い優勢でスタート。しかしその後も積極的に買い進む動きとはならず、為替相場が円高に振れると徐々に上げ幅を縮小。円高警戒感もありもみ合いの動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、鉱業、サービス業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、海運業、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■釣り人
ドル円に対して114円辺りという言葉を使い、その目標は達成した先週末、あるいは週始めだったのですが、土日の新聞で有力なアナリストが118円という値段を書き始めていました。
そんなこともあろうかと考えているといきなり昨日の円高です。
さて5月の円安の値段を瞬間上回り、ダブルトップの形となっていますが、どんどんと円高になる要因というのはあるでしょうか?
有事の円買いがあるという意見もあるでしょうが、本当にその有事が発生した場合円高になるのでしょうか?
とりあえず積みあがっていた円安ポジションの利益確定がどっと出たのが昨日の円高であろうかと考えます。
もう少し円高はあるかもしれませんが、とまるところがあるでしょう。そんな想像をしながら為替を相場を見ております。
それでは後場を解説します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT