株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

七夕キャンペーン

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      18,418.59(+63.33)

■東証1部出来高    15.75億株

■東証1部売買代金   1.77兆円

■日経平均先物    18,440(+130)

■TOPIX        1,471.53(+5.84)

■騰落        上昇1,494/下落415

■マザーズ指数    1,002.96(+11.24)

■日経JQ       2,895.54(+33.19)

■ドル円       109.02

■東証全体値上がり率ランキング
 1.大興電子(東2:8023)  315(+72)
 2.富士通コンポ(東2:6719)393(+80)
 3.黒谷(東2:3168)    850(+150)
 4.阪神内燃機(東2:6018) 286(+50)
 5.ケアサービス(JQ:2425)1660(+250)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.オービス(JQ:7827)   1570(-215)
 2.サイバステップ(東マ:3810)1640(-190)
 3.マルハニチロ(東1:1333) 2996(-284)
 4.JMACS(東2:5817)  425(-32)
 5.ライフフーズ(JQ:3065) 322(-24)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株高や円高一服を受けて、朝方は買いが先行。先物にまとまった買いが入ったこともあり、上げ幅は200円に迫る場面も見られました。
 後場寄り付きはやや強含んでスタートしたものの直後に売りに傾き、前日終値近辺まで押し戻される場面も見られました。その後は円がやや弱含んだこともあって、持ち直したものの地政学リスクへの根強い警戒感や、初会合となる日米経済対話の動向を見極めたいとの思惑から上値の重い展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他金融業、銀行業、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、食料品、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■釣り人
為替が円安になれば機械的に買いが入ります。
これは大型株の話であり、中小型株が賑わうためには個人投資家がいけるかもしれないと思う商いに入ってはじめて上昇が見えてきます。まだまだ慎重姿勢の中小型株これからどんな展開になっていくのか?明日も見て行きます。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 15:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT