株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

≫ EDIT

なぎさ

なぎさ 
今週は多くの会員様から儲かったとのお礼のメールを頂きました~♪嬉しいものですね~。皆さま良い週末をお過ごしください~。
スポンサーサイト

| なぎさ | 15:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の動きから

長島和弘
長島和弘

2018/02/02(金) 15:23
今日の動きから

 2月2日の東京株式市場、日経平均株価は211円58銭安の2万3274円53銭と反落しました。

 日経225採用で値上り銘柄数は201、値下り銘数は24、変わらずは0。
 東証1部上場値上り銘柄数は808、値下り銘柄数1186、変わらずは70。
 全33業種中26業種が値下り。TOPIXも反落。マザーズも反落。

 日経寄与度の高いソフトバンク(東1:9984)は、8956.0円(-127.0円)。ファーストリテ(東1:9983)は、4万8620.0円(-970.0円)。ファナック(東1:6954)は、2万9660.0円(-390.0円)。

 TOPIXコア30のトヨタ(東1:7203)は、7626.0円(+8.0円)。三菱UFJ(東1:8306)は、845.4円(-11.6円)。ソニー(東1:6758)は、5485.0円(+100.0円)。

 トランプ関連の信越化(東1:4063)は、1万2155.0円(-325.0円)。いすゞ(東1:7202)は、1882.0円(-18.5円)。コマツ(東1:6301)は、4200.0円(-115.0円)。

 日経平均平均は反落。日銀によるETF買いの思惑が底流にあり、やや下げ渋った感はあります。

 好材料や好業績を発表した銘柄を個別物色する流れは続きそうですが、一過性の上昇、或は好材料出尽くしとなる銘柄も増えていますので注意深く見ていきます。

日経平均寄与度(構成率)はこちらをクリック

日経平均構成銘柄値上り率上位はこちらをクリック

| 長島和弘 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      23,274.53(-211.58)

■東証1部出来高    17.02億株

■東証1部売買代金   3.21兆円

■日経平均先物    23,320(-120)

■TOPIX        1,864.20(-6.24)

■騰落        上昇808/下落1,186

■マザーズ指数    1,324.80(-18.28)

■日経JQ       4,270.26(-4.04)

■ドル円       109.65

■東証全体値上がり率ランキング
 1.RSC(JQ:4664)   1600(+600)
 2.大和自交(東2:9082)   2022(+400)
 3.メドレックス(東マ:4586)1600(+300)
 4.システナ(東1:2317)   4570(+700)
 5.IGポート(JQ:3791) 3355(+500)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.BEENOS(東1:3328) 1666(-289)
 2.イーレックス(東1:9517) 946(-159)
 3.フジタコーポ(JQ:3370)2350(-358)
 4.積水化成品(東1:4228) 1253(-173)
 5.リーダー電子(JQ:6867)1032(-137)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は朝方、前日の大幅上昇に対する反動で利益確定売りが先行。日銀が指し値オペの実施を通知しましたが、米長期金利の上昇への警戒感は根強く、その後も軟調な推移となりました。
 後場は日銀のETF買い期待が支えとなり下げ幅を縮小してスタート。買いの勢いは限られるものの、良好な決算が発表された銘柄などが物色されもみ合う展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、証券商品先物、その他製品でした。一方、値上がり上位は、卸売業、電気・ガス業、海運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■釣り人
為替が終日安定した為、最も安い値段から日経平均は150円ほど戻して終わりました。
ただ週足チャートではここ最近の下落幅は小さくありません。NYダウに変調があるのか?為替はしっかりと安定してくれるのか?その辺りを考えながら来週の相場を見ていくことになります。
お疲れ様でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

14時の概況

なぎさ 

■日経平均      23,318.25(-167.86)

■日経平均先物    23,330(-110)

■TOPIX先物      1,867.50(+1.00)

■騰落        上昇863/下落1,093

■日経JQ       4,264.57(-9.73)

■マザーズ指数    1,326.58(-16.50)

■ドル円       109.66

■NYダウ夜間先物  -49

■上海総合指数後場の寄り付き 3,432.04 前日比-14.94 -0.43%

■指数大型      現値1,687.30  前日比-6.38

■指数中型      現値2,253.01  前日比-2.26

■指数小型      現値3,690.27  前日比-0.10


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 10時・14時の概況 | 14:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お昼のバスケット取引

なぎさ 

ランチバスケットは18件、413.87億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| お知らせ | 12:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぎさ

なぎさ 

フィックスタ(東1:3687)
後場から買い気配できています。
決算を昼に発表し、五分割の発表となりました。
この銘柄は桃太郎さんがずっと以前から大きくなる!ということで書き込まれていました。2016年からですから株価は3倍近くになっています。そして今回の五分割の発表。お持ちの会員様がいらっしゃいますよ!
ゆっくりと大化けを狙う桃太郎さんのファンは多いです。

先日もイントラスト(東1:7191)も桃太郎さん銘柄で分割発表となっていましたね。
しっかりとした情報網を持っている桃太郎さんの解説を今後も楽しみにしていてください!

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| なぎさ | 12:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レーティング情報

なぎさ 

【格上げ】
6971 京セラ マッコーリー Neutral→OP 8000→9000円

【目標株価引き上げ】
4902 コニカミノルタ GS 中立継続 880→900円

【目標株価引き下げ】
6952 カシオ GS 中立継続 1470→1450円
7013 IHI マッコーリー Neutral継続 3600→3500円

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| レーティング情報 | 12:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前場の動きから

長島和弘

2018/02/02(金) 11:56
前場の動きから

 2月2日の東京株式市場、前引けの日経平均株価は304円77銭安の2万3181円34銭と反落しています。

 日経寄与度の高いソフトバンク(東1:9984)は、8947.0円(-136.0円)。ファーストリテ(東1:9983)は、4万8600.0円(-990.0円)。ファナック(東1:6954)は、2万9615円(-435.0円)。

 TOPIXコア30のトヨタ(東1:7203)は、7581.0円(-37.0円)。三菱UFJ(東1:8306)は、839.7円(-17.3円)。ソニー(東1:6758)は、5404.0円(+19.0円)。

 トランプ関連の信越化(東1:4063)は、1万2135.0円(-345.0円)。いすゞ(東1:7202)は、1850.5円(-50.0円)。コマツ(東1:6301)は、4191.0円(-124.0円)。

 全般は反落しています。好業績や好材料発表銘柄の一角に買いが入る展開は続いていますが、上値が重くなる銘柄が増えてくるか慎重に見ていきます。

日経平均寄与度(構成率)はこちらをクリック

日経平均構成銘柄値上り率上位はこちらをクリック

 以下、会員ページでは、「ポジションについて」フォローを掲載しています。

 会員ページでは、フォローコメントをご覧いただけるほか、電話やメールでの銘柄相談もお受付しておりますので、是非一度会員ページをご覧下さい!

お申込はこちらから

| 長島和弘 | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      23,181.34(-304.77)

■東証1部出来高    8.68億株

■東証1部売買代金   1.57兆円

■日経平均先物    23,160(-280)

■TOPIX        1,854.43(-16.01)

■騰落        上昇514/下落1,479

■マザーズ指数    1,319.39(-23.69)

■日経JQ       4,249.64(-24.66)

■ドル円       109.46

■東証全体値上がり率ランキング
 1.RSC(JQ:4664)    1301(+301)
 2.大和自交(東2:9082)    2022(+400)
 3.メドレックス(東マ:4586) 1600(+300)
 4.システナ(東1:2317)    4570(+700)
 5.ソフトクリHD(東1:3371)1759(+223)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.BEENOS(東1:3328)  1660(-295)
 2.イーレックス(東1:9517) 950(-155)
 3.インタワークス(東1:6032)1175(-185)
 4.フジタコーポ(JQ:3370) 2375(-333)
 5.リーダー電子(JQ:6867) 1040(-129)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は前日の日経平均の大幅上昇に対する反動で利益確定売りが先行。日銀が「指し値オペ」の実施を通知し下げ渋る場面も見られましたが、米長期金利の上昇への警戒感は根強く、その後も下げ幅を拡大し前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、証券商品先物、鉱業。一方、値上がりしたのは、海運業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■釣り人
大きな下げとなりました。
個別株と日経平均の動きは違うとよく言われたりします。確かにそのことはある意味正解ですが、日経平均が200円以上安くなると中小型株にも警戒感が走り、逆に200円以上高くなると大型株に資金が集中し、中小型の個別株は休む..こういうことが起きたりします。かねてから伝えていることであります。

日経平均は昨日の上げが帳消しとなっています。
日銀の国債の買いオペが半年ぶりに行われ、為替が瞬間円安に振れたわけですが、日経平均を押し上げる力には至りませんでした。
現在のNYダウ夜間 78ドル安 ちょっと不安定な様相となっています。
NYダウが仮に下がったとしても為替が安定すればなんとかなる、そう思っておりますので押し目の限界を探していくことになります。どうぞご覧ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

釣り人

釣り人 

日経平均先物 23160-280
マザーズ指数 1318.54-24.54
ドル円 109.45
大きな下げとなり昨日の上昇が戻り売りの場面であったという日経平均となっています。
投資部門別売買代金が発表されています。
東証1部や2部において個人の現金売りは止まっています。先週一週間の話です。そして信用の買残が増えているということ。
残念なのは海外投資家が先々週に引き続き3560億もの売りを出したということ。これが日経平均が下落した要因であります。投信はきちっと買い付けております。

次に新興市場のジャスダックも発表されています。
こちらは個人は現金では売り越し、信用では買い付けています。122億6000万。
海外投資家は54億の売り越しであります。
この数字から何を想像するかといいますと、新興市場に崩れが発生すれば信用の投げ売りが出やすいということ。かなり上昇している銘柄が見受けられますので、その辺りは用心していかなければいけません。

まだ信用の評価損はお伝えするほど悪化しておりません。ただ-15%などになってきますと追証の投げ売りとなってきますので、波乱要素となってきます。

想像としては「日経平均はもう少し下がりそうだ。もしかしたら2月は少し調整するかもしれない..NYダウの下落が心配である」こんな感じです。
ただ、ドル円が落ち着くとすれば大きな下げには至らない。ですから個別株は買う株、売る株ということになります。
今までみたいに日経平均の右肩上がりが続く相場ではなくなりましたので、普通の相場だということで良い銘柄の押し目買いを考えていきます。
仮に2月調整したとしても先々の右肩上がりのトレンドは崩れないだろうと考えます。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 釣り人 | 11:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月