株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わずか3日で5%超えの上昇!!

なぎさ 

堀田さん短期銘柄の豊和工業(東1:6203)
わずか3日で紹介から5%以上の上昇!!
短期銘柄ですので、本日利益確定されました!


豊和工業(東1:6203)日足
------------------------------------------------------------
●堀田和貴
2017/04/11(火) 09:32

<持越し銘柄フォロー>

<買い>
・豊和工業(東1:6203)784+7
745円買い(3/27)→784円利益確定
→利益確定とします。

------------------------------------------------------------
●堀田和貴
2017/04/10(月) 09:59

<持越し銘柄フォロー>

<買い>
・豊和工業(東1:6203)756+18
745円買い(3/27)
→石川製作所はじめ防衛関連が軒並み高です。石川製作所(東1:6208)信用倍率1.61、豊和工業(東1:6203)信用倍率1.55と空売りも買い戻しも下支えとなるかと思われます。引き続き持越しで見ていきます。

■防衛関連
石川製作所(東1:6208)1283+10.03%
細谷火工(JQ:4274)909+17.29%
豊和工業(東1:6203)755+2.30%
三菱重工(東1:7011)448.8+1.81%
東京計器(東1:7721)249+3.31%
------------------------------------------------------------
●堀田和貴
2017/04/09(日) 12:36
週間展望 堀田(4/9)

■堀田
「米海軍当局者は8日、原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群がシンガポールから朝鮮半島に向け航行していると述べた。核開発・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。」(共同通信4/9)報道されています。

今週の相場は地政学リスクが意識され乱高下する展開をイメージ。高値掴みにならないよう、売り一巡感が出ている銘柄を押し目買いで狙っていきたいと思います。今週もよろしくお願いいたします。

■注目株

・防衛関連
石川製作所(東1:6208)1166
細谷火工(JQ:4274)775
豊和工業(東1:6203)7203
三菱重工(東1:7011)440.8
東京計器(東1:7721)235

→ロシアでのテロ事件、シリアへの攻撃、北朝鮮など。目先の不透明感と地政学リスクが意識されやすい相場になるかと思われますので防衛関連マークしていきます。

------------------------------------------------------------
●堀田和貴
2017/04/07(金) 10:48

<持越し銘柄>

<買い>
・豊和工業(東1:6203)745
745円買い紹介 673円ロスカット目安

石川製作所(東1:6208)+8%高、米国のシリアへの砲激から再び防衛関連へ買いが向かっています。連れ高狙いで短期買い注目銘柄とします。
------------------------------------------------------------
●堀田和貴
2017/04/07(金) 08:31
■本日の監視銘柄

・豊和工業(東1:6203)745 100単元

関連:防衛関連

国内で唯一の小銃メーカーで、小銃を開発し、防衛庁(現 防衛省)に納入しています。昨日、防衛関連として石川製作所(東1:6208)がストップ高。引き続き本日も防衛関連が物色されるか注目。

本日の寄り前の気配を見ますと、前日終値745に対し、気配750(8:30)と買い優勢の気配値。月足見ても安圏にあり、仮に本日も防衛関連物色の流れとなれば同社も連れ高する可能性がでてきますので、本日の監視銘柄としてご提案致します。

------------------------------------------------------------

 会員ページでは、フォローコメントをご覧いただけるほか、電話やメールでの銘柄相談もお受付しておりますので、是非一度会員ページをご覧下さい!

お申込はこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。
スポンサーサイト

| チャート | 10:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鎌倉新書(東マ:6184)が年初来高値を更新!!

なぎさ 

長島さんコメント銘柄の鎌倉新書(東マ:6184)が
年初来の高値を更新!

本日の高値は1280円までありましたね!


鎌倉新書(東マ:6184)日足

参考までに下記掲載コメントをご覧下さい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/13(月) 10:54
鎌倉新書は反落、昨年12月に立会外分売を実施済み

 鎌倉新書(東マ:6184)は、3円安の980円と反落、6円安の977円と売られている。LITALICO(東マ:6187)が東証1部への市場変更を発表しており、昨年12月に立会外分売を実施済みの鎌倉新書(東マ:6184)も東証1部への変更を視野に入れたものと推測される。

 同社はネットで葬儀や仏壇、お墓を中心としたポータルサイトを運営しているほか、供養業界のビジネス情報誌『月刊仏事』など出版物を通じて提供している。今2018年1月期売上高は売上高17億円(前期比27.6%増)、営業利益4億2000万円(同28.3%増)と続伸を見込んでいる。

 足元で25日移動平均線(970円)がサポートしそうな気配となっており、中長期狙いで「打診買い」も。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/21(火) 11:15
鎌倉新書は反発、四季報速報では営業益続伸と観測

 鎌倉新書(東マ:6184)は、18円高の1035円と反発、23円高の1040円と買われ直近9日高値1033円を上回っている。17日の四季報速報では「同社の今2018年1月期は新規事業立ち上げ費用こなし営業益続伸」と観測している。

 昨年12月に立会外分売を実施済みで、今期配当の可能性も指摘されている。950円割れで下値を固めた感があり、押し目買い優位に上値を試す態勢に入った感はある。

 中長期で昨年4月25日につけた分割実施前の高値1267.5円奪回から一段高を期待したい。保有されている方は持続。ここからの買いについては、1035円前後を狙いたい。(☆「やや強気」)
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/28(火) 09:33
鎌倉新書が4連騰、押し目買い優位に上値追いへ

 鎌倉新書(東マ:6184)は、9円高の1125円と4営業日続伸、12円高の1128円と買われ直近24日高値1126円を上回っている。目先5日移動平均線(1095円)をサポートラインに上値追い姿勢を強め分割後の高値1159円を視野に入れている。

 今1月期売上高(前期比27.6%増)、営業利益4億2000万円(同28.3%増)と連続2ケタ増収増益見通しで、1月決算ということもあり、3月決算銘柄が明日の権利落ち以降の動きを注視される中、買い安心感がある。

 押し目買い優位に、中長期で昨年4月25日につけた分割実施前の高値1267.5円奪回から一段高を目指す可能性が高い。保有されている方は持続。ここからの買いについては、1120円前後を狙いたい。(☆「やや強気」)継続。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/04/03(月) 08:44
■鎌倉新書が4連騰、個人投資家向けインターネット会社説明会を開催

 鎌倉新書(東マ:6184)は、3月31日に1182円(+67円)と4営業日続伸。1186円(+71円)と買われ3月24日につけた分割後の高値1160円を更新しました。3月28日に「個人投資家向けインターネット会社説明会」を開催。清水社長が、2017年1月期の業績と経営方針・強みなどを中心に、今後の成長戦略について説明したことから、 同社株への関心が高まっています。

 同社はネットで葬儀や仏壇、お墓を中心としたポータルサイトを運営しているほか、供養業界のビジネス情報誌『月刊仏事』など出版物を通じて提供していますが、3月20日にテレビ朝日「グッド!モーニング」「最新お墓事情」に同社の 「いいお墓/第8回 お墓の消費者全国実態調査」(2016年)の調査結果が紹介されるなど、メディアが同社を取り上げる機会が増えていますので、認知度は向上していると思われます。

 足元の業績ですが、今2018年1月期売上高は売上高17億円(前期比27.6%増)、営業利益4億2000万円(同28.3%増)を見込んでいます。3月決算銘柄が権利落ち以降上値が重くなる中、2ケタ増収増益の続伸を予想していきますので、外部環境の影響を受けにくい好業績予想銘柄として買い安心感を与えています。

 同社は昨年12月に立会外分売を実施済みで、東証1部への変更を視野に入れたものと推測されます。

 昨年4月25日につけた分割実施前の高値1267.5円奪回から一段高に向かうか注目されそうです。

 ※保有している方は一段高期待で持続。商いが少なく、短期間に上昇していますので、ここからの買いについてはご自身の判断に委ねます。
------------------------------------------------------------
お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴茂器工(JQ:6405)が上場来高値更新です!!!

なぎさ 

長島さんコメント銘柄の鈴茂器(JQ:6405)が上場来高値更新です!
昨年の12/7に無料ページにもチャート掲載していましたね。
チャート掲載日の気になる長島さんのコメントは以下の通り↓↓



■長島和弘
2016/12/07(水) 09:26
鈴茂器が連日の上場来高値更新、3年半にわたるもみ合いを上放れ

 鈴茂器(JQ:6405)は、28円高の1663円と4営業日続伸。連日の上場来高値更新と上値を伸ばしている。

 同社は、寿司・のり巻きロボット、おむすび・盛付けロボット、食品工場向けロボット、炊飯システムのほか、資材・器材などを手掛けているが、連続最高益更新見通しの好業績銘柄として買われている。

 足元の業績は、今3月期第2四半期売上高が46億7900万円(前年同期比12.1%増)、営業利益が6億8200万円(同22.2%増)の2ケタ増収増益着地で、売上・利益とも過去最高を更新と好調。今期予想PER14倍台と割高感はなく、13年5月高値1625円突破したことで、値動きが軽くなっている。

 3年半にわたる1000円を軸としたもみ合いを上放れ方向となっており、目先1800~2200円前後まで上値を伸ばす余地も出てきそうだ。(参考)


⇒■なぎさ
本日高値は2487円まで。コメントどおり2200円前後まで値を伸ばしましたね♪



----------▼前回掲載分▼-------------------------------------

長島さんコメント銘柄の鈴茂器(JQ:6405)が連日の上場来高値更新と上値を伸ばしています!!!

鈴茂器(JQ:6405)日足・月足

参考までに下記掲載コメントをご覧下さい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/11/21(月) 13:40
鈴茂器が続伸、1328円(11/11高値)抜けとなるか

 鈴茂器(JQ:6405)は、17円高の1311円と続伸している。9月14日に年初来の高値1439円と買われた後、もみ合っているが、1250円以下で下値を固めた感がある。8日大引け後に発表した今3月期第2四半期業績は、売上高が46億7900万円(前年同期比12.1%増)、営業利益が6億8200万円(同22.2%増)に着地し、計画を上ブレ順調。長期では13年5月高値1625円突破が視野に入る。目先1328円(11/11高値)抜けとなるか見ていきたい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/09/08(木) 10:03
鈴茂器が連日高値、25日移動平均線(1055円)がサポート

 鈴茂器(JQ:6405)は、8円高の1104円と続伸、14円高の1110円と買われ連日の年初来高値更新と堅調。今3月期第1四半期売上高は22億8300万円(前年同期比10.0%増)、営業利益は3億3900万円(同15.8%増)と2ケタ増収増益着地で好調。いったんは下押す場面も見られたが、25日移動平均線(1055円)をサポートラインに上昇している。2013年5月に上場来高値1625円と買われた後、1000円を軸としたもみ合いも煮詰まりつつあり、15年11月高値1124円抜けとなれば、一気に上値を試すことも期待されるため、引き続き動向については見ておきたい。(参考)
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/08/09(火) 13:02
鈴茂器は反発、第1四半期2ケタ増収増益

 鈴茂器(JQ:6405)は、前場29円高の1040円と反発している。前日8日大引け後に今3月期第1四半期決算を発表。第1四半期売上高は22億8300万円(前年同期比10.0%増)、営業利益は3億3900万円(同15.8%増)と2ケタ増収増益着地だったことを好感した買いが入っている。前年同期に比べるとやや伸び率は鈍化との感はあるものの、成長は続いている。連続最高営業利益更新見通しで今期予想PER8倍台・PBR0.73倍と割安感はある。2013年5月に上場来高値1625円と買われた後、1000円を軸としたもみ合いを続けているが、日柄調整も進んだ感があり、再度高値と買い直される場面があるか見ていきたい。(参考)
------------------------------------------------------------

----------▲前回掲載分▲-------------------------------------


会員ページでは記事だけではなく、動画での分かりやすい銘柄解説なども行っております。是非一度ご覧下さい!


お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 11:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢テクノロジー(JQ:2458)週足

なぎさ 

夢テクノロジー(JQ:2458)週足

■なぎさ
この銘柄も今年かなり急伸した銘柄です。
多くが会員ページで書かれていたわけではないですが、釣り人さんのワンポイントの書込みが水曜日、1614円のときになされました。
分割という材料が出まして、あっという間の大幅高!
良い急伸となりました。


■なぎさ
堀田さんの注目銘柄は人気ブログランキングに掲載です!必見ですよ♪
当ブログ紹介文中に載せてあります。
人気ブログランキングへ

| チャート | 11:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インタACT(東2:7725)日足

なぎさ 

堀田さん監視銘柄紹介のインタACT(東2:7725)が上昇♪

インタACT(東2:7725)日足

■堀田
半導体市況の回復を受け、同社も半導体検査装置などを販売している為、業績に寄与するだとう思い監視銘柄でご紹介しておりました。会員の方からも何度かお問い合わせをいただき利益が出ている方もおられ良かったです。

--------------------------------------
2017/03/09(木) 08:41
堀田
■本日の監視銘柄

・インタACT(東マ:7725)663 100単元

関連:光源装置製造会社

光源装置製造会社です。昨日、C-MOSイメージセンサー検査用光源装置の大口受注を獲得したことを発表。売上は第4四半期に計上する予定とのこと。

本日の寄り前の気配を見ますと、前日終値663に対し、気配739(8:41)と買い優勢の気配値。日足見ますと、高値奪還の動きが出ており底堅い動きとなる可能性があるかと思われます。よって監視銘柄としてご提案致します。

--------------------------------------
2017/01/04(水) 08:45
堀田
■本日の監視銘柄

・インタACT(東マ:7725)621 100単元

関連:光源装置製造

光源装置製造会社。CCD・CMOS用などに強み。太陽光発電事業も展開。半導体メーカー向けに検査用光源装置の販売が好調。会社計画は保守的。

本日の寄り前の気配を見ますと、前日終値621に対し、気配647(8:43)と買い優勢の気配値。半導体市場の回復で同社も好調な模様、監視銘柄としてご提案致します。

--------------------------------------



■なぎさ
堀田さんの注目銘柄は人気ブログランキングに掲載です!必見ですよ♪
当ブログ紹介文中に載せてあります。
人気ブログランキングへ

| チャート | 11:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京三製作所(東1:6742)が昨年来高値更新

なぎさ 

長島さんコメント銘柄の京三製作所(東1:6742)が昨年来の高値を更新しています。
会員ページでは昨年10月に動画解説していました♪


京三製作所(東1:6742)週足

------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/10/07(金) 09:52
【長島和弘の動画解説】京三製(東1:6742)



■なぎさ
本日は長島和弘さんの京三製(東1:6742)の銘柄解説を配信です!!今後も続々と配信予定です!
なお、動画配信についてご意見・ご感想を募集中!
より良いサービスをご提供していくためにも皆様のご意見をお待ちしております!

過去の配信動画全てご覧になりたい方はコチラから!!

※画面が小さくて見づらい場合は、画面右下の「全画面表示」のボタンを押してご覧下さい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/11/07(月) 13:02
 「京三製は続伸、東京メトロはホームドアの設置計画を前倒し

 京三製(東1:6742)は、2円高の387円と続伸、3円高の388円と買われている。5日付の日本経済新聞朝刊は「東京地下鉄(東京メトロ)は4日、ホームドアの設置計画を前倒しすると発表した。銀座線では各駅の設置計画を最大10カ月前倒しする。2019年度までに東西線と半蔵門線の13駅に設置することも決めた。視覚障害者の転落などの事故が相次ぐなか、ホームの安全対策を急ぐ。」と報じている。

 京三製は可動式ホーム柵、スレッドライン(列車接近警報表示装置)、スペースライト(ホーム転落注意装置)など安全運行に関わるシステムを手掛けており、今後も受注が拡大する見通し。

 また、この日はインドの高速鉄道計画の全路線での日本の新幹線方式の採用を提案する方針と伝わっており、2004年にインドのInstrumentation Limited社と技術協力協定書を締結し、以後K5B形電子連動装置を共同受注した実績があり、同社のシステムが受注される可能性はある。

 13週移動平均線(377円)がサポートしているが、足元の業績の推移を見極める必要があるため、明後日9日に予定される第2四半期決算の発表後に買いは考えたい。保有されている方は中長期で持続。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/12/09(金) 14:00
 京三製は小幅続伸、ロシア関連として見直し余地

 京三製(東1:6742)は、1円高の383円と小幅続伸、前場3円高の385円と買われている。本年3月に日本経済新聞社は「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年3月7日、ロシアのモスクワ市交通管制センター(TsODD)と共同で、交通渋滞解消のための高度交通信号システムの実証事業を実施すると発表した(ニュースリリース)。日本で交通渋滞解消実績のある自律分散信号システムを、モスクワ市内の交差点5カ所に設置する。」と報じていたことから、京三製がロシア関連として見直し余地はあると考える。


 京三製と野村総合研究所が協力しているが、渋滞解消の効果を検証した後、モスクワ以外の都市にも導入することも視野に入ることから、関連銘柄として見直される可能性はある。

 具体的な発表を待つか、上値抵抗線の400円を突破するまで様子見だが、引き続き中長期では持続しながら、動向を見ていきたい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/12/26(月) 07:34
■フォロー情報:京三製(東1:6742)、1日10万人以上利用の駅に「ホームドア」原則設置

 日本経済新聞社は「視覚障害者が駅のホームから転落する事故が相次いでいることを受け、国土交通省は22日、1日10万人以上が利用する駅についてホームドアを原則2020年度までに設置することを決めた。同省はこれまで『優先的に整備する』としていたが、整備率は約3割にとどまっている。明確に期限を区切ることで普及を促す。」と報じました。

 国交省によると、利用者10万人以上の駅は今年3月末で260駅あり、ホームドアが設置されているのは82駅。未整備の約180駅のうち、ホームの幅が十分あるなど既に整備条件が整っている約60駅は原則20年度までに整備するようです。

 東鉄工(東1:1835)・高見サイ(JQ:6424)・ナブテスコ(東1:6268)・三菱電(東1:6503)・日信号(東1:6741)・京三製(東1:6742)・川重(東1:7012)などが関連銘柄として見直される可能性はありそうです。

 中でも京三製(東1:6742)は、注目度は高いと言えそうです。

 同社は、可動式ホーム柵を手掛けていますが、東京メトロが進める銀座線の大規模リニューアルの一環として、京三製(東1:6742)のホームドアが採用された実績がありますし、光のラインが列車の接近を知らせるスレッドライン(列車接近警報表示装置)や、ホーム下に設置したスペースライトを列車在線時に点滅させることで、ホームの下から車両を照らし、乗降客にホームと車両との隙間に転落しないよう注意を喚起するスペースライト(ホーム転落注意装置)、センサーポールシステム、転落検知装置(マットスイッチ)を手掛けていますから、フォローの風になると思われます。

 また、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が本年3月7日、ロシアのモスクワ市交通管制センター(TsODD)と共同で、交通渋滞解消のための高度交通信号システムの実証事業を実施。ロシアのモスクワで交通渋滞を緩和する新交通信号システムの実証実験を8月をメドに始めるすると発表していましたが、京三製(東1:6742)が協力すると伝わっていましたので、ロシア関連の切り口からも見直されることもありそうです。

 足元の業績は、今3月期減益見込みですが、四季報では来3月期は回復と観測しています。PBR0.67倍と割り負けしています。

 チャート的には、上値抵抗線である昨年3月高値400円を突破し、450~520円(2007年6月高値)を目指す可能性も出てきそうです。
-----------------------------------------------------------
 ※基本的には、商いが少ないため、積極買いは控える考えです。保有されている方は目先420~440円までの上昇を期待し持続。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/12/26(月) 10:13
京三製は小幅ながら下げに転じる、ホームドアの設置も反応鈍い

 京三製(東1:6742)は、1円安の392円と反落している。2円高の385円と続伸し、11月25日につけた年初来の高値396円に肉薄した後、小幅ながら下げに転じている。日本経済新聞社は「視覚障害者が駅のホームから転落する事故が相次いでいることを受け、国土交通省は22日、1日10万人以上が利用する駅についてホームドアを原則2020年度までに設置することを決めた。同省はこれまで『優先的に整備する』としていたが、整備率は約3割にとどまっている。明確に期限を区切ることで普及を促す。」と報じたが、反応は鈍く積極的に上値を追う動きに乏しくなっている。

 同社が、可動式ホーム柵、スレッドライン(列車接近警報表示装置)、スペースライト(ホーム転落注意装置)、センサーポールシステム、転落検知装置(マットスイッチ)を手掛けているが、市場からの評価は低いとの印象。

 ただ、着実に下値を切り上げており、煮詰まり感は出つつある。保有されている方は400円抜けから420~440円までの上昇を期待し持続も。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/02/16(木) 10:30
京三製は高値圏で頑強、9か月移動平均線(379円)がサポート

 京三製(東1:6742)1円安の401円と小動き。安倍晋三首相とトランプ米大統領との首脳会談後の共同記者会見で、日本側から高速鉄道などに関する協力の提案があったことから、鉄道関連が見直される場面が見られている。

 同社の場合、鉄道用信号システムを手掛けていることが注目されるが、可動式ホーム柵システムを手掛けており、ホームドア設置関連としても注目度は高い。

 今3月期営業利益は38.4%減を予想しているが、来3月期業績回復と観測されている。目先の減益を織り込み、高値圏で頑強な動きとなっている。

 PBR0.66倍と割り負け、9か月移動平均線(379円)がサポートしており、中長期では450~520円(2007年6月高値)を目指すと予想する。

 保有されている方は中長期で持続。ここからの買いについては、出来れば390円前後まで押す場面を狙いたい。
------------------------------------------------------------

会員ページでは、
2018年3月期業績期待銘柄を
紹介していますよ♪






お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 10:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本カーボン(東1:5302)が堅調な値動きです。

なぎさ 

日本カーボン(東1:5302)日足

前場もお伝えしました
長島さんコメント銘柄の日本カーボン(東1:5302)
が堅調推移となっています♪
前場では値上がり率上位にランクインしていました!

------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/24(金) 10:31
日カーボンが続伸、炭化ケイ素(SiC)繊維に対する市場の関心が高まる

 日カーボン(東1:5302)は、17円高の325円と続伸、18円高の326円と買われている。24日付の日本経済新聞朝刊が「航空機エンジンなど高い耐熱性が求められる機械用の素材に新顔が登場した。特殊な有機化合物からなる炭化ケイ素(SiC)繊維だ。SiC繊維を使ったセラミック複合材は、耐熱合金の代表格であるニッケル合金に比べ重量は3分の1に減る一方、強度は2倍、耐熱性も2割高い。燃費性能を改善するため、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が航空機エンジンで採用するなど普及が進んでいる。」と報じたことを材料視した買いが入っている。

 同社が手掛ける炭化ケイ素(SiC)繊維に対する市場の関心が高まっている。来週29日以降は3月決算銘柄においては処分売りが膨らむか動向を注意深く見ていくところだが、日カーボン(東1:5302)のように12月決算銘柄が騰勢を強める可能性は高い。

 週足では13週移動平均線(290円)がサポートする形で保ち合いを形成しており、333円(3/17高値)抜けとなれば、380~450円(15年4月高値)まで上値を伸ばす余地もある。

------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/16(木) 10:21
日カーボンが3日ぶりに急反発、炭化ケイ素(SiC)繊維に対する期待感再燃

 日カーボン(東1:5302)は、13円高の307円と3営業日ぶりに急反発、15円高の309円と買われている。日経産業新聞が「自動車や航空機などで、異なる素材を組み合わせて造る「マルチマテリアル」が進展し、素材各社の競争相手が同業から異業種に広がっている。鉄やアルミ、炭素繊維などの新素材が入り交じり、より軽く強い素材の覇を争う。ゲームのルールが変わる節目に各社はどう挑むのか」と報じており、同社が手掛ける炭化ケイ素(SiC)繊維に対する期待感が再燃しつつある。

 株価は、1月16日に昨年来の高値356円と急伸した後、300円を軸にもみ合っている。13週移動平均線(282円)がサポートラインとして意識された感はある。4月28日前後に予定される今12月期第1四半期決算の発表が出るまで手掛けにくいが、3月決算銘柄が配当落ちとなる29日以降に間隙を突く形で上値を試す可能性もありそうだ。
 
------------------------------------------------------------

お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 12:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堀田さん銘柄のアスカネット(東マ:2438)が高値更新!!

なぎさ 

アスカネット(東マ:2438)

堀田さん銘柄のアスカネット(東マ:2438)が高値更新!!
2度目のトライも上手く行きましたね!!


----------▼2回目▼-------------------------------------
2017/03/28(火) 13:24
堀田
<持越し銘柄フォロー>

<買い>
・アスカネット(東マ:2438)
2181円買い(3/24)→2460円利益確定

→利益確定とします。
FCHD(JQ:6542)ストップ高。この会社と提案した技術が高速道路の逆走対策に選定されたことから株価は人気化していますが、すぐに業績に反映される材料というわけでもありませんので、勢いがなくなれば失速する可能性があります。よって利益確定を優先します。
--------------------------------
2017/03/24(金) 10:58
堀田
<持越し銘柄>

<買い>
・アスカネット(東マ:2438)2181+185
2181円買い紹介 1973円ロスカット目安

高速道路における逆走対策技術の公募にAIプレートの技術を提案されており、やや買いが入りそうです。持越し買い注目銘柄とします。
--------------------------------
----------▼1回目▼-------------------------------------
2017/03/22(水) 09:21
堀田
<持越し銘柄フォロー>

<買い>
・アスカネット(東マ:2438)2013-30
1819円買い(3/21)→2013円利益確定(3/22)
→利益確定とします。
--------------------------------

2017/03/21(火) 10:13
堀田
<持越し銘柄フォロー>

<買い>
・アスカネット(東マ:2438)1819+94
1819円買い紹介 1647円ロスカット目安

日足見ますと半値押しからのリバウンドの動きが見られます。短期で買い注目とします。
--------------------------------

お申込はこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 13:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本精線(東1:5659)がストップ高です!!

なぎさ 

日精線(東1:5659)がストップ高です。沢藤電(東1:6901)関連、水素製造装置に絡んで買いを集めているようです!!!

前回チャートを掲載したのが、昨年12/9のことでしたね!このときの高値は588円でした。ご覧になって買われた方もいらっしゃったのではないでしょうか?そこから更に高値更新で本日の高値は現在のところ753円まであります。
------------------------------------------------------------

■長島和弘
2017/02/23(木) 10:28
日精線が3連騰、水素ステーション関連が見直されるか

 日精線(東1:5659)は、2円高の618円と前日と変わらずを挟んで3営業日続伸、3円高の619円と買われている。トヨタが米国カリフォルニア州での水素ステーション網拡充に向けシェルと協力、横浜市が2017年度から風力発電を使い、燃料電池のもとになる水素を取り出す実証実験を本格的に展開と伝わっており、水素ステーション関連が見直されつつある。

 日精線が、耐水素脆性ばね用ステンレス鋼線「ハイブレム(HYBREM)」を水素ステーション用部材として納入しているが、燃料電池関連(定置型燃料電池システム・燃料電池自動車・水素高圧ガスボンベ用の各種弁)向けにも供給が期待されている。

 今期予想PER11倍台・PBR0.75倍と割安感があるが、目先650円から上には戻り待ちの売りが控えており、もみ合いの域となっている。大同特殊鋼との関係強化の思惑に来期増収増益が観測されており、引き続き中長期では注目できる。保有されている方は持続。ここからの買いについては、600円どころを狙いたい。
 
----------▼前回掲載分▼-------------------------------------
■なぎさ
日精線(東1:5659)が年初来高値を更新です!
2016/12/09(金) 13:46

日精線(東1:5659)週足


参考までに下記掲載コメントをご覧下さい。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/11/04(金) 13:46
日精線は反発、有機ELで日本企業に商機が広がる

 日精線(東1:5659)は、4円高の508円と反発している。4日付の日本経済新聞朝刊が「中国企業がスマートフォン(スマホ)などに使う有機ELパネルに集中的に投資し始めた。京東方科技集団(BOE)など主要6社が新工場を相次ぎ建設し、2020年ごろまでの投資総額は2兆円を超える。地方政府などからの巨額資金援助を受ける大型投資で韓国メーカーに対抗する。中国企業の攻勢でスマホ向け有機ELは液晶と並ぶ市場に成長する見通し。製造装置や素材で日本企業の商機が広がる。」と報じている。

 同社は、半導体・フラットパネルディスプレイ、太陽電池パネルなどの生産過程に用いられるガスの濾過に、フィルター濾材(ステンレス鋼短繊維)から最終製品まで一貫生産しているが、四季報では、「ガスフィルターは有機EL向けも拡販」と指摘しており、関心が高まる可能性はある。

 今3月期第2四半期決算は、10月28日に発表済みで、第2四半期営業利益23.9%減であるが、株価はしっかりしている。
 
 また、同社株を1310万株(40.3%)保有する、大特鋼(東1:5471)は、強力な永久磁石「ネオジム磁石」を製造する2子会社が2017年1月1日付で合併すると発表済みで、高性能ネオジム磁石はハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)のモーター向けに市場が急拡大していること踏まえ、大同特殊鋼は子会社の再編で開発・営業体制を強化し、需要を取り込む方針。

 日精線も大同特殊鋼の事業再編に取り込まれる可能性は高い。今期予想PER9倍台・PBR0.63倍と割安感がある。大統領選後に上値を伸ばすか、或は今週高値510円突破するか見ていきたい。
 
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/09/29(木) 10:05
日本精線は反発、独BMWの燃料電池車で見直し機運も

 日精線(東1:5659)は、7円高の452円と反発、12円高の457円と買われている。26日に独BMWが燃料電池車の試作車を公開しましたが、日本のサプライヤーから部品を調達することも十分にあり得ると伝わっており、関連銘柄に見直し機運が高まる可能性もある。日精線は、耐水素脆性ばね用ステンレス鋼線「ハイブレム(HYBREM)」を水素ステーション用部材として納入しているが、燃料電池関連(定置型燃料電池システム・燃料電池自動車・水素高圧ガスボンベ用の各種弁)向けにも供給が期待されており、見直される可能性はある。今3月期増収増益を見込みで予想PER8倍台・PBR0.57倍と割安感がある。目先26週移動平均線(430円)がサポートラインとして意識された感があり、ある程度のリバウンドもあるかもしれない。
----------▲前回掲載分▲-------------------------------------

お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 10:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新家工業(東1:7305)が東証1部値上がり率トップです!!

なぎさ 

新家工業(東1:7305)

17年3月期業績予想と配当予想の上方修正を発表!
このことを好感して買いが入っています。

------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/06(月) 09:26
大同工が高値更新、新家工と二人三脚の上昇続く

 大同工(東1:6373)が、5円高の305円と3営業日続伸し、1日につけた昨年来の高値302円を更新している。新家工(東1:7305)が連日の昨年来高値と買われるなど、森永菓(東1:2201)と森永乳(東1:2264)の経営統合で、思惑買いが入っている。

 大同工(東1:6373)は、新家工(東1:7305)の二代目が設立した「国益チエン㈱」が前進でルーツは同じ、北國銀行と大同生命、加賀商工が共通の株主で、経営統合に進むとの思惑が後押ししている。

 大同工(東1:6373)の場合、EVベンチャーの株式会社FOMM(代表取締役:鶴巻日出夫殿、本社:神奈川県川崎市)、特殊陶(東1:5334)と世界最小クラスの4人乗りの超小型EV「FOMMコンセプトOne」を2014年2月に開発、今秋にはタイで量産する計画と期待材料はある。

 また、海外のバリューファンドDFA International Small Cap Value Portが大同工(東1:6373)と新家工(東1:7305)に入っており、二人三脚の底上げが続くとの期待感が高まる。

 保有されている方は、331円(14年4月高値)前後までの上昇を期待し持続も。
 
------------------------------------------------------------
■釣り人
2017/03/03(金) 14:09

新家工(東1:7305)181+5
この銘柄ずーっと大きな売り指値がでていたんですがそれをこなしてのじり高。気になって見ている銘柄であります。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2017/03/03(金) 14:09
新家工が高値更新、森永菓と森永乳の経営統合で思惑買い

 新家工(東1:7305)が、5円高の181円と3営業日続伸で、2月17日につけた昨年来の高値を更新している。森永菓(東1:2201)と森永乳(東1:2264)の経営統合で、同社株に思惑買いが入っている。北國銀行と大同生命、加賀商工が株主で大同工(東1:6373)とは兄弟会社と以前は言われていたことから、両社も経営統合に進むとの思惑が増幅している。一株純資産は362円ほどあり、大同工(東1:6373)と二人三脚で上昇する可能性もありそうだ。
------------------------------------------------------------
■釣り人
2017/02/13(月) 10:19

新家工(東1:7305)175+8
決算が出てしっかり。
昨年の暮れ30億の便りが書いていた銘柄です。
------------------------------------------------------------
■釣り人
2016/12/06(火) 14:13

新家工(東1:7305)157+2
30億の便りが書いていた銘柄ですが、静かな動きです。
------------------------------------------------------------
■30億の便り
2016/11/24(木) 09:05
30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

嬉しさ半面、やや想定外の展開になりつつある為替と日経平均。
我々からすると18700円を超えてくるようだと真面目に少し買わざるリスクが起きかねない。
不思議なもので我々はまだ他のファンドからすれば安い時に買っていたからまだマシ!そんなイメージ。
大半のファンド筋はリスクOFF、トランプリスクから下手すれば空売りしていた訳だから買い戻しプラス新規買いで今年は散々な成績になりかねない。
ただ全くの空売りだけではないだろうから保有株の値上がり分がこの水準ならば少しは楽になってくるはず。
そうなるとファンド筋も個人投資家と同じで評価損が評価益になったりと投資意欲が湧いてマーケットに活気が戻って来るはずだ。
この観点からここは下がるまでは安易に空売りはしないこと、下がってくれば不思議にマーケット関係者は押し目買いと唱う!
そこでだが、ここからはともかく出遅れ銘柄を買う。
その観点から実質無借金で業績は底打ちアジアにおいて「新家工(東1:7305)」ブランド確立を考えるとこの150円は安いと思われる。


本日の先物レンジ
18260~18510円
しっかりした展開だろう。
------------------------------------------------------------
■長島和弘
2016/11/01(火) 12:53
新家工は3日ぶりに小反落、株主構成から動向は見ておく

 新家工(東1:7305)は、1円安の147円と3営業日ぶりに小反落。前場2円高の150円と買われている。今3月期第2四半期決算の発表は今月11日に予定されている。四季報では、今3月期会社計画を支持。サプライズはないと思われるが、PBR0.42倍と一株純資産の半分以下。北國銀行と大同生命、加賀商工が株主で大同工(東1:6373)とは兄弟会社と以前は言われていたことから、景気の先行き懸念が強まれば、統合との思惑が増幅する可能性はある。また、イーレックス(東1:9517)を保有している阪和興業も株主に入っており、動向については見ておきたい。(参考)



お申し込みはこちらから

※お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

| チャート | 09:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT