株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米国市場概況(15日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,090.48 -84.83
■ナスダック
 7,746.38 -14.66
■CME225(円建て)
 22,765 -65(大証比)
■ドイツDAX
 13,010.55 -96.55
■上海総合指数
 3,021.90 -22.26
■ドル円
 110.63

 15日のNY市場は下落。トランプ米政権が中国製品に対し25%の追加関税を課すと表明。これを受け中国も同規模の報復措置の実施を表明するなど、米中貿易戦争の懸念が高まり売り優勢の展開となりました。足元で上昇が目立っていたハイテク株が売られ、また原油安を受けエネルギー株が軟調であったことも相場の重しとなりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが上昇する一方でエネルギーやテクノロジー・ハード・機器が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ブリヂストン<5108>、コマツ<6301>、エーザイ<4523>、日東電<6988>、東レ<3402>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル110.66円換算)で全般冴えない展開でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(14日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,175.31 -25.89
■ナスダック
 7,761.04 +65.34
■CME225(円建て)
 22,835 +135(大証比)
■ドイツDAX
 13,107.10 +216.52
■上海総合指数
 3,044.16 -5.64
■ドル円
 110.59

 14日のNY市場はまちまち。ECB(欧州中央銀行)理事会では、量的金融緩和を年内に終了するとした一方、政策金利を19年夏まで据え置くと示し欧州国債利回りが低下。これを受け、米国債利回りが低下し金融株が売られ指数を押し下げました。なお、ハイテク株の多いナスダック総合指数は、フェイスブックなど主力株を中心に買いが続き過去最高値を更新しました。
 セクター別では、メディアや公益事業が上昇する一方で銀行や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、資生堂<4911>、日東電<6988>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル110.66円換算)で全般堅調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(13日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,201.20 -119.53
■ナスダック
 7,695.70 -8.09
■CME225(円建て)
 22,780 -130(大証比)
■ドイツDAX
 12,890.58 +48.28
■上海総合指数
 3,049.80 -30.00
■ドル円
 110.18

 13日のNY市場は下落。注目されたFOMCで市場予想通り政策金利の0.25%引き上げが決定し、2018年の利上げ回数が3回から4回に引き上げられる見通しとなり、利上げペースの加速を嫌気した売りに押される展開に。また、米メディアが中国への追加関税の発動時期に関する報道を行ったことも投資家心理を冷やし、下げ幅を広げ取引終了となりました。
 セクター別では、メディアやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で電気通信サービスや不動産が下落。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、京セラ<6971>、エーザイ<4523>など、対東証比較(1ドル110.17円換算)で全般冴えない展開でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(12日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,320.73 -1.58
■ナスダック
 7,703.79 +43.87
■CME225(円建て)
 22,800 -30(大証比)
■ドイツDAX
 12,842.30 -0.61
■上海総合指数
 3,079.80 +27.02
■ドル円
 110.49

 12日のNY市場はまちまち。米朝首脳会談が終了し、地政学リスクが後退し買いが先行。概ね予想通りの結果と受け止めが広がり相場への影響は限られ、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に持ち高整理などの売りに押され次第に上げ幅を縮小。一方で、ハイテク株に買いが続きナスダック総合指数は過去最高値を更新。ただ、相場全体を方向付ける新たな取引材料に乏しく、全体に小幅な値動きにとどまりました。
 セクター別では、公益事業やメディアが上昇する一方でエネルギーや保険が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三菱商<8058>、HOYA<7741>が堅調。半面、NTT<9432>、任天堂<7974>、京セラ<6971>、ルネサス<6723>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.37円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(11日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,322.31 +5.78
■ナスダック
 7,659.93 +14.41
■CME225(円建て)
 22,920 +130(大証比)
■ドイツDAX
 12,842.91 +76.36
■上海総合指数
 3,052.78 -14.36
■ドル円
 110.15

 11日のNY市場は上昇。イタリアのトリア経済・財務相がユーロの離脱を否定したと伝わり欧州株が上昇し、米国市場でも買いが優勢の展開に。ただ、12日の米朝首脳会談や13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)などの重要イベントを前に上値は限定的となりました。
 セクター別では、食品・飲料・タバコや運輸が上昇する一方で半導体・半導体製造装置や商業・専門サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル110.02円換算)で全般堅調な展開でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(8日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,316.53 +75.12
■ナスダック
 7,645.51 +10.44
■CME225(円建て)
 22,630 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,766.55 -44.50
■上海総合指数
 3,067.15 -42.35
■ドル円
 109.44

 8日のNY市場は上昇。主要7カ国首脳会議で、通商問題を巡って米国の孤立が懸念され朝方は売り優勢の展開。午後に入ると、生活必需品などを中心に割安感に注目した買いが入り上げに転じましたが、米朝首脳会談や米連邦公開市場委員会(FOMC)などの重要イベントを控え買いの勢いは限定的となりました。
 セクター別では、食品・飲料・タバコや家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が下落。
 ADRの日本株は富士通<6702>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、大和ハウス<1925>、味の素<2802>、大成建<1801>がしっかりな一方、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、京セラ<6971>はさえないなど、対東証比較(1ドル109.55円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(7日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,241.41 +95.02
■ナスダック
 7,635.07 -54.17
■CME225(円建て)
 22,665 -195(大証比)
■ドイツDAX
 12,811.05 -19.02
■上海総合指数
 3,109.50 -5.68
■ドル円
 109.7

 7日のNY市場はまちまち。トランプ政権が中国の通信機器企業への制裁解除で合意。米中貿易摩擦への懸念が後退しました。個別に材料が出たマクドナルドなどがダウ平均を押し上げる一方で、足元で上昇が続いていたハイテク株の下落が重しとなりナスダック総合指数は下落。また、主要7カ国首脳会議や米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見姿勢も強く、積極的な取引は手控えられた相場となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品やエネルギーが上昇する一方でソフトウェア・サービスや半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、京セラ<6971>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル109.68円換算)で全般小安い展開でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(6日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,146.39 +346.41
■ナスダック
 7,689.24 +51.38
■CME225(円建て)
 22,750 +110(大証比)
■ドイツDAX
 12,830.07 +42.94
■上海総合指数
 3,115.18 +0.97
■ドル円
 110.16

 6日のNY市場は上昇。引き続きハイテク株が買われたほか、米長期金利の上昇を受け金融株が上昇。貿易摩擦問題においては、中国側が米国製品の輸入を拡大するとの提案や、ムニューシン米財務長官がトランプ大統領にカナダを鉄鋼とアルミの輸入関税の対象から除外するよう進言したと伝わり過度な懸念が後退。買い安心感が広がり堅調な推移となりました。
 セクター別では、メディアや銀行が上昇する一方で公益事業や食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル110.18円換算)全般しっかりでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(5日)

なぎさ 

■NYダウ
 24,799.98 -13.71
■ナスダック
 7,637.86 +31.40
■CME225(円建て)
 22,515 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,787.13 +16.38
■上海総合指数
 3,114.21 +23.01
■ドル円
 109.83

 5日のNY市場はまちまち。イタリア懸念の再燃や米国の貿易摩擦問題の不透明感、また連日の上昇を受け利益を確定する動きが広がりました。その一方で、アップルなどのハイテク株が物色され、ナスダック総合指数は2日連続で終値ベースの過去最高値を更新。ただ、新たな取引材料に乏しく、全体に小幅な値動きにとどまりました。
 セクター別では、小売やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で消費者・サービスや公益事業が下落。
 ADRの日本株はソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、ANA<9202>が堅調な半面、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、SUBARU<7270>、京セラ<6971>が冴えないなど、対東証比較(1ドル109.81円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(4日)

なぎさ 

■NYダウ
 24,813.69 +178.48
■ナスダック
 7,606.46 +52.13
■CME225(円建て)
 22,555 +45(大証比)
■ドイツDAX
 12,770.75 +46.48
■上海総合指数
 3,091.19 +16.05
■ドル円
 109.87

 4日のNY市場は上昇。5月米雇用統計や、イタリア政局の落ち着きを好感したアジア・欧州株高を受け買い優勢の展開。なかでもハイテク株の上昇が目立ち、ナスダックは過去最高値を更新。また、米長期金利の上昇を受け主力金融株が買われるなど、終日堅調な動きとなりました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売や小売が上昇する一方でエネルギーや運輸が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、キリン<2503>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル109.8円換算)で全般堅調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT