株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

「海と風」実績

≫ EDIT

米国市場概況(20日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,430.33 +72.09
■ナスダック
 6,790.71 +7.92
■CME225(円建て)
 22,460 +220(大証比)
■ドイツDAX
 13,058.66 +64.93
■上海総合指数
 3,392.40 +9.49
■ドル円
 112.57

 20日のNY市場は上昇。ドイツの政局混乱に対する懸念が一服し欧州株が総じて高く終えたことを受け、買いが先行。その後も10月景気先行指数が予想を上振れたことに加え、先週の株価下落を受けた買い戻しが入り、堅調に推移。ただ、今週は23日が感謝祭の祝日で24日は短縮取引の上、米議会は休会。また、重要な米経済指標や企業業績の発表も少ないことから積極的な取引は手控えられ、上値は限定的となりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や電気通信サービスが上昇する一方でメディアや医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、ファーストリテ<9983>など、対等量比較(1ドル112.62円換算)で全般堅調となりました。


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(17日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,358.24 -100.12
■ナスダック
 6,782.79 -10.50
■CME225(円建て)
 22,330 -120(大証比)
■ドイツDAX
 12,993.73 -53.49
■上海総合指数
 3,382.91 -16.34
■ドル円
 112.13

 17日のNY市場は下落。前日の大幅上昇の反動で利益確定売りが先行。また税制改革の先行き不透明感が再び意識され、同法案の最終的な成立には課題が多く、調整が難航するとの見方が相場の重しとなり、安値圏での推移となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや電気通信サービスが上昇する一方で運輸や家庭用品・パーソナル用品が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、三菱電<6503>など、対東証比較(1ドル112.1円換算)で全般冴えない展開となりました。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(16日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,458.36 +187.08
■ナスダック
 6,793.29 +87.08
■CME225(円建て)
 22,585 +175(大証比)
■ドイツDAX
 13,047.22 +70.85
■上海総合指数
 3,399.25 -3.27
■ドル円
 113.09

 16日のNY市場は上昇。軟調が続いていたアジア・欧州株の反発や、ウォルマートなど複数の主要企業決算が好感され買い優勢の展開となりました。また下院で税制改革法案が可決されたことも、買い安心感をもたらし、堅調な推移となりました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で保険やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル113.05円換算)で全般堅調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(15日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,271.28 -138.19
■ナスダック
 6,706.21 -31.66
■CME225(円建て)
 22,100 +60(大証比)
■ドイツDAX
 12,976.37 -57.11
■上海総合指数
 3,402.52 -27.03
■ドル円
 112.87

 15日のNY市場は下落。前日に引き続きアジア・欧州株が軟調であったことや、原油安が嫌気され売り優勢の展開に。また新たな手掛かり材料にも乏しいうえ、税制改革の先行き不透明感から積極的な売買を見送る投資家が多く、軟調な推移となりました。
 セクター別では、銀行やメディアが上昇する一方で食品・生活必需品小売やエネルギーが下落。
 ADRの日本株は資生堂<4911>、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>がしっかり。半面、ブリヂストン<5108>、コマツ<6301>、SUBARU<7270>、HOYA<7741>が冴えないなど、対東証比較(1ドル112.84円換算)で高安まちまちでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(14日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,409.47 -30.23
■ナスダック
 6,737.87 -19.72
■CME225(円建て)
 22,305 -125(大証比)
■ドイツDAX
 13,033.48 -40.94
■上海総合指数
 3,429.55 -18.29
■ドル円
 113.43

 14日のNY市場は下落。税制改革の先行き不透明感が引き続き重荷となり売りが先行。アジア・欧州株が軟調であったことも意識され、また原油安を受けエネルギー株に売りが続き、終日軟調な推移となりました。
 セクター別では、公益事業や小売が上昇する一方でエネルギーや電気通信サービスが下落した。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>など対東証比較(1ドル113.46円換算)で全般小安い。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(13日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,439.70 +17.49
■ナスダック
 6,757.60 +6.66
■CME225(円建て)
 22,365 +85(大証比)
■ドイツDAX
 13,074.42 -53.05
■上海総合指数
 3,447.84 +15.17
■ドル円
 113.61

 13日のNY市場は上昇。税制改革法案を巡る先行き不透明感から投資家心理が悪化し、売りが先行。売り一巡後は、公益事業など出遅れ感の強い銘柄を中心に押し目買いが入ったものの、相場の材料となるような主要な経済指標の発表もなく上値は限定的となりました。
 セクター別では、公益事業や自動車・自動車部品が上昇する一方で資本財やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が小じっかり。一方、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、京セラ<6971>、野村HD<8604>が小安いなど、対東証比較(1ドル113.59円換算)で高安まちまちとなりました。


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(10日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,422.21 -39.73
■ナスダック
 6,750.94 +0.89
■CME225(円建て)
 22,465 -55(大証比)
■ドイツDAX
 13,127.47 -55.09
■上海総合指数
 3,432.67 +4.88
■ドル円
 113.62

 10日のNY市場はまちまち。共和党上院の税制改革改革案は法人税減税の実施時期を2019年に先送りするなど、税制改革案を巡る上下院の違いから年内の法案成立が困難との見方が強まり売り優勢の展開となりました。ただ、決算発表が終盤を迎えた米主要企業の業績は総じて良好で、下値は限定的となりました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売やメディアが上昇する一方でヘルスケア機器・サービスや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、三菱商<8058>、HOYA<7741>、資生堂<4911>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、日鉄住金<5401>など、対東証比較(1ドル113.53円換算)で全般冴えない展開となりました。


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(9日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,461.94 -101.42
■ナスダック
 6,750.05 -39.07
■CME225(円建て)
 22,645 -255(大証比)
■ドイツDAX
 13,182.56 -199.86
■上海総合指数
 3,427.79 +12.33
■ドル円
 113.44

 9日のNY市場は下落。法人税減税を含む税制改革案の実施が先送りになるとの見方から売りが先行。上院、下院の税制改革案の相違点が示され、リスク回避の動きが広がりました。また主要3指数が最高値圏にあることから、利益確定売りが続き、終日軟調な推移となりました。
 セクター別では、メディアやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や資本財が下落。
 ADRの日本株はセコム<9735>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>がしっかりな他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.41円換算)で全般軟調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(8日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,563.36 +6.13
■ナスダック
 6,789.12 +21.34
■CME225(円建て)
 22,945 +5(大証比)
■ドイツDAX
 13,382.42 +3.15
■上海総合指数
 3,415.46 +1.89
■ドル円
 113.87

 8日のNY市場は上昇。昨日の州知事選で野党民主党の候補が相次ぎ勝利したことや、税制改革の実施先送りを検討しているとの報道を受け、売りが先行。その後は、アップルなどのテクノロジー株がプラス圏に浮上したほか相場上昇に出遅れていた製薬のメルクなど一部の銘柄に押し目買いや値ごろ感に着目した買いが入り、プラス転換。ただ、米税制改革の先行き不透明感が意識され上値は限定的となりました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売や家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方でメディアや銀行が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、日産自<7201>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、オリンパス<7733>など、対東証比較(1ドル113.87円換算)で全般堅調となりました。


本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(7日)

なぎさ 

■NYダウ
 23,557.23 +8.81
■ナスダック
 6,767.78 -18.65
■CME225(円建て)
 22,865 -125(大証比)
■ドイツDAX
 13,379.27 -89.52
■上海総合指数
 3,413.57 +25.40
■ドル円
 113.98

 7日のNY市場はまちまち。買い優勢で始まったものの、最高値圏とあって利益確定売りが続く展開に。米長期金利の低下を受け金融株が売られる一方で、公益事業株に買いが入り相場を支えましたが、主要な経済指標の発表など手掛かり材料に乏しいことから、全体に方向感の定まらない動きとなりました。
 セクター別では、公益事業や食品・飲料・タバコが上昇する一方で銀行や小売が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、伊藤忠<8001>、日鉄住金<5401>、日東電<6988>が小じっかりな他は、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル113.97円換算)で全般小安い。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT