FC2ブログ

株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米国市場概況(15日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,250.55 -89.44
■ナスダック
 7,430.74 -66.15
■CME225(円建て)
 22,265 +75(大証比)
■ドイツDAX
 11,614.16 +90.35
■上海総合指数
 2,568.10 -38.81
■ドル円
 111.77

 15日のNY市場は下落。サウジアラビア政府による著名記者ジャマル・カショジ氏の殺害疑惑で地政学リスクが高まるなか、アナリストからの慎重な指摘を受け主力ハイテク株が売られ軟調な展開に。また、7-9月期決算を見極めたいとして積極的な買いを見送る動きもあり、下げ幅を拡大し取引終了となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や自動車・自動車部品が上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、ルネサス<6723>、シャープ<6753>が冴えない一方、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル111.78円換算)で全般小じっかりでした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(12日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,339.99 +287.16
■ナスダック
 7,496.89 +167.83
■CME225(円建て)
 22,550 -100(大証比)
■ドイツDAX
 11,523.81 -15.54
■上海総合指数
 2,606.91 +23.45
■ドル円
 112.18

 12日のNY市場は上昇。連日の下落を受けハイテク株を中心に買い戻しが強まり、ほぼプラス圏での推移となりました。金融大手が発表した7-9月期決算内容が総じて良好であったことも好感され投資家心理が改善。NYダウは一時下げに転じる場面もみられましたが、取引終了にかけて上げ幅拡大の動きとなりました。
 セクター別では、ソフトウェア・サービスやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で自動車・自動車部品や銀行が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、NTT<9432>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、TDK<6762>、日東電<6988>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、ソニー<6758>など、対東証比較(1ドル112.21円換算)で全般軟調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(11日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,052.83 -545.91
■ナスダック
 7,329.06 -92.99
■CME225(円建て)
 22,485 -95(大証比)
■ドイツDAX
 11,539.35 -173.15
■上海総合指数
 2,583.46 -142.38
■ドル円
 112.07

 11日のNY市場は大幅続落しました。7-9月期決算発表の本格化を前に、貿易摩擦による企業業績への影響が懸念され不安定な動きに。トランプ米大統領と習近平国家主席が11月末に会談する方向と伝わると、中国売上比率が高い銘柄が買われる場面がみられましたが、その後は伸び悩み。また、原油相場の下落を受けエネルギー株が売られ指数を押し下げるなど、取引終盤にかけて下げ幅を広げる展開となりました。
 セクター別では全面安となり、特に保険や医薬品・バイオテクノロジーの下落が目立ちました。
 ADRの日本株はファーストリテイ<9983>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、NTT<9432>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、三菱商<8058>、HOYA<7741>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル112.13円換算)で全般軟調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(10日)

なぎさ 

■NYダウ
 25,598.74 -831.83
■ナスダック
 7,422.05 -315.97
■CME225(円建て)
 22,800 -730(大証比)
■ドイツDAX
 11,712.50 -264.72
■上海総合指数
 2,725.84 +4.82
■ドル円
 112.24

 10日のNY市場は大幅下落しました。米長期金利の上昇が嫌気されハイテク株を中心に売りが継続。また、ムニューシン米財務長官が、中国政府による為替操作を調査する方針を示したことで米中の関係悪化が懸念され、投資家心理が大きく悪化。終日リスク回避の売りが続き大幅な下落となりました。
 セクター別では全面安となり、特に耐久消費財・アパレルやソフトウェア・サービスの下落が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、エーザイ<423>など、対東証比較(1ドル112.25円換算)で全般軟調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(9日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,430.57 -56.21
■ナスダック
 7,738.02 +2.07
■CME225(円建て)
 23,525 +55(大証比)
■ドイツDAX
 11,977.22 +30.06
■上海総合指数
 2,721.01 +4.50
■ドル円
 113.00

 9日のNY市場はまちまち。米長期金利が一時3.26%台まで上昇したことが嫌気され下げてスタート。国際通貨基金(IMF)が米中貿易戦争を理由に世界経済見通しを下方修正したことも重しとなり、キャタピラーなど中国売上比率が高い銘柄が下落。一方で、足元で下げが目立っていたハイテク株は上昇するなど、終日もみ合う展開となりました。
 セクター別では、エネルギーや消費者サービスが上昇する一方で自動車・自動車部品や素材が下落。
 ADRの日本株は三菱商<8058>、HOYA<7741>、日東電<6988>、TDK<6762>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ホンダ<7267>など、対東証比較(1ドル112.99円換算)で全般冴えない展開でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(8日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,486.78 +39.73
■ナスダック
 7,735.95 -52.50
■CME225(円建て)
 23,625 -195(大証比)
■ドイツDAX
 11,947.16 -164.74
■上海総合指数
 2,716.51 -104.84
■ドル円
 113.09

 8日のNY市場はまちまち。コロンバスデーの祝日で債券・為替市場が休場の為薄商いに。米長期金利の高止まりを受け株式の相対的な割高感が意識され、ハイテク株に売りが続きましたが、取引終盤にかけて下げ幅縮小の動きとなりました。
 S&P業種別・騰落率のセクター別では、生活必需品や不動産が上昇する一方で情報技術、ヘルスケア、コミュニケーションが下落。
 ADRの日本株は野村<8604>、三菱UFJ<8306>、三井住友FG<8316>が上昇する一方、ソニー<6758>などが小安い。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(4日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,627.48 -200.91
■ナスダック
 7,879.51 -145.57
■CME225(円建て)
 23,755 -165(大証比)
■ドイツDAX
 12,244.14 -43.44
■中国本土市場は国慶節の連休のため休場
■ドル円
 113.9

 4日のNY市場は下落。米長期金利が2011年以来の水準まで急上昇し、株式の相対的な割高感が意識されハイテク株が軒並み下落。利ざや拡大期待から金融株が買われやや持ち直す場面がみられたものの、主要3指数は大幅な下落となりました。
 セクター別では、銀行や電気通信サービスが上昇する一方で耐久消費財・アパレルやメディアが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>、コマツ<6301>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル113.92円換算)で全般軟調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(3日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,828.39 +54.45
■ナスダック
 8,025.08 +25.54
■CME225(円建て)
 24,280 +140(大証比)
■ドイツDAX
 12,287.58 -51.45
■中国本土市場は国慶節の連休のため休場
■ドル円
 114.44

 3日のNY市場は上昇。イタリア政府が財政赤字比率を削減する意向を示し欧州株が上昇したほか、発表された経済指標で米経済の堅調さが確認され主要3指数は上昇。米長期金利の上昇を受け金融株が買われ、エネルギー株も堅調な展開。NYダウは過去最高値を更新しました。
 セクター別では、銀行やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で家庭・パーソナル用品や公益事業が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、HOYA<7741>、オリンパス<7733>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル114.49円換算)で全般堅調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(2日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,773.94 +122.73
■ナスダック
 7,999.55 -37.76
■CME225(円建て)
 24,230 -50(大証比)
■ドイツDAX
 12,287.58 -51.45
■中国本土市場は国慶節の連休のため休場
■ドル円
 113.64

 2日のNY市場はまちまち。イタリアの財政懸念を受けて欧州株が全面安となり、寄付き後は小動き。米国・カナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が合意に至り、投資家心理の改善からダウは最高値を更新しましたが、米中貿易摩擦への警戒感からS&Pやナスダックは上値の重い展開となりました。
 セクター別では、公益事業や電気通信サービスが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや小売が下落しました。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、HOYA<7741>、TDK<6762>、ANA<9202>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>が冴えないなど、対東証比較(1ドル113.65円換算)で高安まちまち。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国市場概況(1日)

なぎさ 

■NYダウ
 26,651.21 +192.90
■ナスダック
 8,037.30 -9.05
■CME225(円建て)
 24,420 +110(大証比)
■ドイツDAX
 12,339.03 +92.30
■中国本土市場は国慶節の連休のため休場
■ドル円
 114.00

 1日のNY市場はまちまち。米国とカナダが、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で合意に至り投資家心理が改善。貿易交渉の影響を受けやすい銘柄が買われたほか、原油高を好感したエネルギー株の上昇も指数を押し上げました。一方で、ナスダック総合指数は、主力ハイテク株に利益確定売りが出て取引終盤にかけて伸び悩む展開となりました。
 セクター別では、エネルギーや資本財が上昇する一方で消費者サービスや不動産が下落。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>、ANA<9202>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、三菱商<8058>、資生堂<4911>、ブリヂストン<5108>、富士フイルム<4901>、HOYA<7741>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル113.97円換算)で全般堅調でした。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 米国市場概況 | 08:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT