株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,680.33(-171.42)

■東証1部出来高    13.52億株

■東証1部売買代金   2.25兆円

■日経平均先物    22,620(-210)

■TOPIX        1,771.43(-17.61)

■騰落        上昇507/下落1,518

■マザーズ指数    1,136.27(-15.58)

■日経JQ       3,961.87(-20.68)

■ドル円       110.48

■東証全体値上がり率ランキング
 1.駅探(東マ:3646)    871(+150)
 2.エムビーエス(東マ:1401)1550(+243)
 3.オリンピック(東1:8289)721(+100)
 4.オハラ(東1:5218)    3150(+431)
 5.パルマ(東マ:3461)   6000(+810)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.Fastep(東2:2338) 838(-231)
 2.グローバルW(東マ:3936)4175(-700)
 3.伏木海陸運送(東2:9361) 1668(-265)
 4.シーズメン(JQ:3083) 830(-116)
 5.兵機海運(東2:9362)   2270(-305)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売り優勢の展開。米中貿易摩擦への懸念の高まりを背景とした前週末の米株安を嫌気し売りが先行。時間外取引での米株価指数先物の軟調さが意識されるなか、円の強含み推移とともに下げ幅を拡大。大阪府北部の地震が投資家心理を冷やした面もあり、冴えない展開となりました。
 後場は売り物がちにスタート。その後は、地震の影響を見極めたいとして売買を見送るムードが広がり、安値圏での小幅な値動きに終始しました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、建設業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。
 
■釣り人(原)
地震発生後の状況が伝わるにつれ、買い方の手控えという値動きとなりました。
日経平均が浅い押しで済む時は材料株に資金がまわってくる。ところが、日経平均が200円を超えるような下げになるとその時は買いもまばらになる...これはいつもお伝えしていることです。
23000円を超えられずに様子見をする投資家が多いという解説を聞いたりしますが、業績の良い銘柄の押し目はチャンスと考え解説を続けます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 15:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,662.68(-189.07)

■東証1部出来高    7.14億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    22,610(-220)

■TOPIX        1,769.98(-19.06)

■騰落        上昇450/下落1,554

■マザーズ指数    1,129.61(-22.24)

■日経JQ       3,962.71(-19.84)

■ドル円       110.41

■東証全体値上がり率ランキング
 1.駅探(東マ:3646)    871(+150)
 2.パルマ(東マ:3461)   6060(+870)
 3.エムビーエス(東マ:1401)1507(+200)
 4.オービス(JQ:7827)  1272(+161)
 5.中央経済HD(JQ:9476)608(+71)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.Fastep(東2:2338)  894(-175)
 2.伏木海陸運送(東2:9361)  1704(-229)
 3.兵機海運(東2:9362)    2286(-289)
 4.グローバルW(東マ:3936) 4395(-480)
 5.エスケーエレク(JQ:6677)1930(-210)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米中貿易戦争の懸念の高まりを背景とした前週末の米株安を嫌気し売りが先行。その後は、円の強含みや時間外取引で米株価指数先物が軟調であることなどが意識され下げ幅を拡大。朝方発生した大阪府北部の地震が投資家心理を冷やした面もあり、冴えない展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、海運業、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、建設業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。
 
■釣り人
地震が発生したのは8時ちょっと前。それでも為替の安定があり日経平均の寄り付きはしっかりと始まりました。
その後20銭ほど円高が進み、それに沿って日経平均も売られたというかたちであります。
日銀のETFの買い付けは今月に入ってまだ1度しかありませんが、後場の寄り付きから観測されることになるでしょう。それにより戻し始めるのか?それともそれに合わせて売ってくるところが増すのか?その辺りを気にしながら見ていく後場となります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,851.75(+113.14)

■東証1部出来高    16.83億株

■東証1部売買代金   3.07兆円

■日経平均先物    22,830(+130)

■TOPIX        1,789.04(+5.15)

■騰落        上昇768/下落1,254

■マザーズ指数    1,151.85(+5.61)

■日経JQ       3,982.55(+0.98)

■ドル円       110.87

■東証全体値上がり率ランキング
 1.伏木海陸運送(東2:9361) 1933(+400)
 2.オハラ(東1:5218)    2719(+500)
 3.エヌピーシー(東マ:6255)438(+80)
 4.ライクキッズ(東1:6065) 1400(+245)
 5.ALBERT(東マ:3906)6760(+1000)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.トレイダーズ(JQ:8704) 94(-21)
 2.Fastep(東2:2338)  1069(-194)
 3.バリューゴルフ(東マ:3931)2484(-418)
 4.フジタコーポ(JQ:3370) 1700(-203)
 5.Mマート(東マ:4380)   3530(-410)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は外部環境を好感し買いが優勢に。利益確定売りに押される場面もみられましたが、前日の欧州株高や米ハイテク株高、円安進行などが支えとなりプラス圏を維持した推移となりました。
 後場は買い物がちにスタート。更なる円の弱含みを受け上げ幅を拡大する場面もみられましたが、週末を前に買い進む動きは限られ、プラス圏でもみ合い本日の取引を終えました。
 なお、日銀金融政策決定会合で金融緩和策の現状維持が発表されましたが、予想通りとの受け止めが多く相場への影響は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、医薬品、鉱業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、金属製品、銀行業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人(原)
今週大きな材料がたくさんありました。月曜日22686円と先週末よりも少し安く始まりましたが、火・水としっかりとし、昨日は大幅安。そして本日は戻し終値は22851円。
振り返ってみれば週間ベースではそれほど大きな動きではなく、先週末との比較で157円高で終わりました。マザーズ指数も週足チャートでは陽線。ジャスダックもそうです。

日本にとってもうひとつ大きな問題が貿易摩擦。その行方が見える来週となるでしょうか。
中小型株にとってよい感じになることを期待し、スタッフ一同解説していきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,827.77(+89.16)

■東証1部出来高    7.11億株

■東証1部売買代金   1.15兆円

■日経平均先物    22,780(+80)

■TOPIX        1,788.49(+4.60)

■騰落        上昇900/下落1,069

■マザーズ指数    1,151.31(+5.07)

■日経JQ       3,988.23(+6.66)

■ドル円       110.58

■東証全体値上がり率ランキング
 1.伏木海陸運送(東2:9361) 1933(+400)
 2.インフォクリエ(JQ:4769)1755(+298)
 3.兵機海運(東2:9362)    2821(+423)
 4.エヌピーシー(東マ:6255) 417(+59)
 5.オービス(JQ:7827)   1111(+150)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.トレイダーズ(JQ:8704) 93(-22)
 2.Fastep(東2:2338)  1104(-159)
 3.バリューゴルフ(東マ:3931)2550(-352)
 4.野崎印刷(東2:7919)    287(-30)
 5.フジトミ(JQ:8740)   288(-29)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。ECB(欧州中央銀行)理事会で、政策金利を19年夏まで据え置くと示し欧州株が上昇したことに加え、米ハイテク株高や円安進行などが好感され買いが先行。買い一巡後は、米中貿易摩擦への警戒感などから上げ幅を縮小しましたが、2万2820円近辺に戻し前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、医薬品、陸運業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、金属製品、機械となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人
世界の金利が動いております。
外国人投資家の売買比率が高い日本市場で特に大型株は為替の上下により変動が激しくなります。
力強い開発力、あるいは成長力のある小型株を後場も見ていきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,738.61(-227.77)

■東証1部出来高    14.97億株

■東証1部売買代金   2.4兆円

■日経平均先物    22,700(-210)

■TOPIX        1,783.89(-16.48)

■騰落        上昇603/下落1,399

■マザーズ指数    1,146.24(-7.38)

■日経JQ       3,981.57(-4.46)

■ドル円       110.03

■東証全体値上がり率ランキング
 1.フジタコーポ(JQ:3370) 1903(+400)
 2.兵機海運(東2:9362)    2398(+400)
 3.HyAS&Co(東マ:6192)621(+100)
 4.フジトミ(JQ:8740)   317(+44)
 5.フュートレック(東2:2468) 746(+100)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ヤーマン(東1:6630)    2110(-487)
 2.ジェクシード(JQ:3719) 123(-22)
 3.ネクスG(JQ:6634)   551(-70)
 4.APLIX(東マ:3727)  340(-43)
 5.SAMURAI(JQ:4764)551(-60)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は前日の米株安を嫌気し売りが優勢に。米政策金利の利上げペースの加速を嫌気し前日の米国株が下落。国内市場も売りが先行し、内需銘柄などが物色され持ち直す場面もみられましたが、円高ドル安が重しとなり安値圏でもみ合う展開となりました。
 後場は下げ幅を広げてスタート。前場同様に、今晩のECB(欧州中央銀行)理事会を前に様子見ムードが広がりましたが、円が強含むと下げ幅を拡大。引けにかけて下げ足を速め本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、その他製品、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、海運業、水産・農林業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。
 
■釣り人(原)
ドル円が現在109.98 昨日の夜間の110.84からみますと1円弱の円高であります。
まず米国の利上げが4回になりそうだと表明を受けてなんですが、それでは円安か?となるとそうではなく、円高へ向かっています。
今まで日経平均はこのドル円相場と相関関係で動いておりました。
円高になるとしても、米国金利の高止まりとなるわけですから、それほど大きな上げはないでしょう。昨日、今日ドルの買い持ちしたところの利確、あるいは投げ売り。そして円高による株の売りへつながったと考えます。

中小型株指数は本日下押ししましたが、しっかりとし始めることを期待し、明日を見てみます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,886.15(-80.23)

■東証1部出来高    7.48億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    22,830(-80)

■TOPIX        1,793.11(-7.26)

■騰落        上昇751/下落1,216

■マザーズ指数    1,155.38(+1.76)

■日経JQ       3,990.61(+4.58)

■ドル円       110.28

■東証全体値上がり率ランキング
 1.HyAS&Co(東マ:6192)616(+95)
 2.フジトミ(JQ:8740)   321(+48)
 3.原弘産(東2:8894)     28(+4)
 4.プラッツ(東マ:7813)   1195(+134)
 5.曙ブレーキ(東1:7238)   348(+39)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ヤーマン(東1:6630)    2150(-447)
 2.ジェクシード(JQ:3719) 124(-21)
 3.APLIX(東マ:3727)  341(-42)
 4.AppBank(東マ:6177)1140(-128)
 5.SAMURAI(JQ:4764)551(-60)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米政策金利の利上げペースの加速を嫌気し前日の米株式が下落。また、円高ドル安進行も重しとなり売り先行のスタートとなりました。売り一巡後は、内需銘柄への買いや円高一服を支えに下げ幅を縮小。今晩のECB(欧州中央銀行)理事会を前に売買を見送る動きもあり、その後は安値圏でのもみ合う展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、ガラス土石製品、鉱業でした。一方、値上がり上位は、海運業、銀行業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■釣り人(原)
日経平均に関しては、明日の中国への関税措置、それで揺れるかどうか気になるところであります。
新興市場の底練りからの離脱。日経平均が大きく下がらなければ押し出される動きとなることを期待します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,966.38(+88.03)

■東証1部出来高    11.98億株

■東証1部売買代金   2.24兆円

■日経平均先物    22,910(+80)

■TOPIX        1,800.37(+7.55)

■騰落        上昇1,286/下落703

■マザーズ指数    1,153.62(+5.55)

■日経JQ       3,986.03(+12.77)

■ドル円       110.55

■東証全体値上がり率ランキング
 1.曙ブレーキ(東1:7238) 309(+80)
 2.ミサワ(東1:3169)   509(+80)
 3.APLIX(東マ:3727) 383(+56)
 4.Fastep(東2:2338)260(+37)
 5.アルデプロ(東2:8925) 73(+10)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ファーマF(東2:2929)638(-117)
 2.兵機海運(東2:9362) 1998(-339)
 3.石井表記(東2:6336) 1016(-141)
 4.日本通信(東1:9424) 217(-30)
 5.不二サッシ(東2:5940)152(-19)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は1ドル=110円台半ばまでの円安進行が好感され買いが優勢の展開。内需銘柄などが物色されましたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に模様眺めの様相が強く積極的な売買は手控えられました。
 昼休みの時間帯に更に円が弱含み、後場は買い物がちにスタート。その後はもみ合いながらも高値圏での推移を維持し、本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、不動産業、サービス業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、鉱業、金属製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■釣り人(原)
ジャスダックもマザーズ指数もしっかりで終わりました。
本日は紹介銘柄がいくつか会員ページで出ましたね。良いかたちのリバウンド相場が中小型株に続くことを期待します。
それでは明日よろしくお願い致します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,934.58(+56.23)

■東証1部出来高    6.17億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    22,880(+50)

■TOPIX        1,798.61(+5.79)

■騰落        上昇1,207/下落767

■マザーズ指数    1,148.01(-0.06)

■日経JQ       3,985.72(+12.46)

■ドル円       110.58

■東証全体値上がり率ランキング
 1.曙ブレーキ(東1:7238)  309(+80)
 2.ウェッジHD(JQ:2388) 297(+74)
 3.昭和HD(東2:5103)   99(+17)
 4.ミサワ(東1:3169)    509(+80)
 5.インタトレード(東2:3747)448(+67)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ファーマF(東2:2929) 642(-113)
 2.石井表記(東2:6336)  1035(-122)
 3.ヨシックス(東1:3221) 3665(-405)
 4.兵機海運(東2:9362)  2105(-232)
 5.トランザス(東マ:6696)1997(-202)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。円安進行や前日の米ハイテク株高、米朝首脳会談が無難に通過したことなどが好感され小幅に上昇してスタート。ただ、米国市場と同様に、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に模様眺めの様相が強く積極的な売買は手控えられました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、不動産業、その他金融業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、鉱業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人(原)
日経平均、そして中小型株も静かな前場で取引が終わっております。
先ほど新興市場の週足チャートを掲載しました。
戻りが悪くて嘆いている読者の方は多いかと思います。なんとかこの市場が復活することを期待します。

外国人投資家に翻弄されず、日本株の力強い動きが個別銘柄に出てくる可能性は十分あります。
例えばイデコなどの個人型確定拠出年金。多くの企業が取り入れ始めています。
株式の上昇はそのまま国力の上昇となります。しっかりとした国策がいずれ実ってくることを期待します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,878.35(+74.31)

■東証1部出来高    12.38億株

■東証1部売買代金   2.3兆円

■日経平均先物    22,830(+40)

■TOPIX        1,792.82(+5.98)

■騰落        上昇1,126/下落858

■マザーズ指数    1,148.07(+16.62)

■日経JQ       3,973.26(+21.03)

■ドル円       110.29

■東証全体値上がり率ランキング
 1.APLIX(東マ:3727)  327(+80)
 2.佐渡汽船(JQ:9176)   310(+51)
 3.シーズメン(JQ:3083)  1056(+150)
 4.カイオム(東マ:4583)   334(+43)
 5.ヨシムラフード(東1:2884)1177(+148)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.シーズHD(東1:4924) 5230(-990)
 2.ナデックス(JQ:7435)1167(-143)
 3.正栄食品(東2:8079)  3980(-465)
 4.アジア開発(東2:9318) 11(-1)
 5.JMC(東マ:5704)  1800(-155)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、1ドル=110円台前半までの円安進行や米朝首脳会談への期待感などから買いが先行。一時は2万3000円台を回復しましたがその後失速。米朝首脳会談が始まるとプラス圏に浮上し上げ幅を広げましたが再び弱含むなど、前場は方向感の定まらない動きとなりました。
 後場に入るとこう着感を強めた動きに。トランプ大統領の「首脳会談は多くの前進があった」との発言を受け上げ幅を広げる場面もみられましたが、米朝首脳会談の結果を見極めたいとの思惑から小幅な動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、陸運業、石油石炭製品、食料品でした。一方、値下がり上位は、海運業、保険業、輸送用機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックともに続伸しました。
 
■釣り人(原)
大きな会談が終わりました。
これから朝鮮半島はどのようになっていくのか、そして日本政府はどのような対応をとっていくのか注視していくことになります。
もちろんそのことが相場に大きな影響を及ぼしてきます。
釣り人が思うことを書いていきますのでどうぞご覧ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,867.41(+63.37)

■東証1部出来高    6.27億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    22,810(+20)

■TOPIX        1,790.79(+3.95)

■騰落        上昇984/下落968

■マザーズ指数    1,139.76(+8.31)

■日経JQ       3,967.27(+15.04)

■ドル円       110.25

■東証全体値上がり率ランキング
 1.APLIX(東マ:3727)   322(+75)
 2.佐渡汽船(JQ:9176)    305(+46)
 3.カイオム(東マ:4583)    336(+45)
 4.LITALICO(東1:6187)1969(+189)
 5.省電舎HD(東2:1711)    711(+67)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.シーズHD(東1:4924) 5280(-940)
 2.ナデックス(JQ:7435) 1159(-151)
 3.正栄食品(東2:8079)  3995(-450)
 4.アジア開発(東2:9318) 11(-1)
 5.ウイルコHD(東2:7831)175(-13)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。1ドル=110円台前半までの円安進行や米朝首脳会談への期待感などから買いが先行。一時は2万3000円台を回復する場面も見られましたが、円の強含み推移とともに売りに押されマイナス圏へ。米朝首脳会談が始まると、プラス圏に浮上し上げ幅を広げるも再び弱含むなど荒い値動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、陸運業、石油石炭製品、食料品でした。一方、値下がり上位は、その他製品、機械、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックともに続伸しました。
 
■釣り人(原)
首脳会談が予定通り始まり、九分九厘問題ないかたちで終了となりそうです。
さて、その後市場はどんな動きになるのでしょうか?日本がすごく良くなるという評価になるのでしょうか?問題はこの辺りです。
朝鮮半島統一へ向かうかもしれないという話題が出るかもしれません。後場の値動きを見ながら解説していきます。
それと今回の会談成功で個別株には材料出尽くしという言葉がありますが、日経平均はどうなんでしょうか。そういうところです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT