株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,162.24(-28.94)

■東証1部出来高    14.24億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    22,160(-40)

■TOPIX        1,751.13(+0.95)

■騰落        上昇989/下落978

■マザーズ指数    1,134.33(+8.72)

■日経JQ       3,929.01(+16.84)

■ドル円       107.62

■東証全体値上がり率ランキング
 1.エムアップ(東1:3661)   1640(+300)
 2.SAMURAI(JQ:4764)329(+59)
 3.インスペック(東2:6656)  1207(+206)
 4.グローバルW(東マ:3936) 6390(+1000)
 5.バーチャレクス(東マ:6193)1098(+150)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.KOA(東1:6999)    2184(-262)
 2.小田原機器(JQ:7314) 838(-93)
 3.インソース(東1:6200)  4470(-385)
 4.ベクター(JQ:2656)  437(-37)
 5.マーチャント(東2:3121)388(-30)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は朝方、前日の米株安の流れを引き継ぎハイテク株を中心に売りが先行したものの、円の弱含み推移を支えにプラス圏に浮上。足元で下げが目立っていた中小型株を買い戻す動きが広がり、引けにかけて上げ幅を広げる展開となりました。
 後場は売り物がちにスタート。押し目買いが入る一方で、週末のポジション調整の売りなどが断続的に出て安値圏でのもみ合いに。後場はこう着感を強めた動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、その他製品、保険業でした。一方、値下がり上位は、金属製品、医薬品、機械となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
東証1部は値上がりと値下がりが同じような数。そして日経平均は少し反落。
それにかわってジャスダックや、マザーズ指数は2倍弱値上がりの方が多いです。
連休前の一週間、大型株が動かない間に小型株が元気になってくれるかどうか期待したいところです。
それでは一週間お疲れ様でした、ありがとうございました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 15:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,222.13(+30.95)

■東証1部出来高    7.49億株

■東証1部売買代金   1.25兆円

■日経平均先物    22,230(+30)

■TOPIX        1,754.44(+4.26)

■騰落        上昇1,201/下落782

■マザーズ指数    1,134.01(+8.40)

■日経JQ       3,923.13(+10.96)

■ドル円       107.64

■東証全体値上がり率ランキング
 1.インスペック(東2:6656)  1210(+209)
 2.エムアップ(東1:3661)   1526(+186)
 3.SAMURAI(JQ:4764)306(+36)
 4.愛光電気(JQ:9909)   1900(+197)
 5.バーチャレクス(東マ:6193)1050(+102)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.KOA(東1:6999)    2200(-246)
 2.小田原機器(JQ:7314)  842(-89)
 3.ベクター(JQ:2656)   435(-39)
 4.グランディーズ(東マ:3261)608(-40)
 5.栄電子(JQ:7567)    576(-37)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。半導体関連株を中心に下落した前日の米国市場の流れを引き継ぎ、国内市場でもハイテク株を中心に売りが先行。連日の上昇に対する利益確定売りも出て下げ幅を拡大しましたが、円の弱含みを受け上げ転換。その後は、小高い水準でのもみ合いとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、保険業、その他製品でした。一方、値下がり上位は、金属製品、電気機器、機械となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■釣り人
日経平均に関しては、思ったよりも円安に傾いたわけなんですが、10時過ぎの日銀の国債買い入れが発表になったのが原因ではなかろうかと私は想像しております。そこから一挙に30銭近く動きました。

さて、それはそうと個別株で一番の問題は、外国人買いが打診買いから本格的な買いに入ってくれるかどうか。来週を占う上で大きなポイントになってきます。
先週一週間、ジャスダックにおいては個人は57億もの売り越し。海外投資家は64億の買い越しであります。
新興市場はかなり下がっている銘柄がたくさんあります。良い相場になることを期待するものですが、過信するわけにいかない状況でもあります。この辺りを見ていくことになります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,191.18(+32.98)

■東証1部出来高    15.77億株

■東証1部売買代金   2.59兆円

■日経平均先物    22,200(+20)

■TOPIX        1,750.18(+0.51)

■騰落        上昇1,177/下落822

■マザーズ指数    1,126.46(-9.41)

■日経JQ       3,911.96(-6.59)

■ドル円       107.41

■東証全体値上がり率ランキング
 1.エムアップ(東1:3661) 1340(+300)
 2.農総研(東マ:3541)  2091(+400)
 3.栄電子(JQ:7567)  613(+100)
 4.小田原機器(JQ:7314)931(+150)
 5.パルマ(東マ:3461)  4950(+700)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.レノバ(東1:9519)   2860(-700)
 2.TATERU(東1:1435)2058(-327)
 3.SOU(東マ:9270)   6100(-770)
 4.DMソリュ(JQ:6549) 1573(-173)
 5.大村紙業(JQ:3953)  2073(-215)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は日米首脳会談が無難に終了したとの受け止めが広がり買い優勢の展開。為替が比較的安定していることも買い安心感となり、主力株を中心に上昇し上げ幅は一時200円超に。ただ、高値圏では戻り売り圧力が強く、引けにかけて伸び悩みとなりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。前場に続き前日の大幅上昇に対する利益確定売りが出て次第に上げ幅を縮小。大きく売り込む動きは限られるものの、新たな買い材料に欠け、取引終盤は小高い水準でのもみ合いとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、鉄鋼、石油石炭製品でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、サービス業、空運業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人
上記解説にもある通り、利益確定売りも出て日経平均は伸び悩みました。これはあくまでも日経平均ですから日経225の大型株の話です。
日経平均の間近安値は3月26日20347円、本日の高値22360円。安値からちょうど2000円幅も上昇しているのです。
それに対して新興市場の値動きは本日も総じて冴えない動きとなりました。指数がマイナスであります。
値幅取りを好む個人投資家にとっては決して日経平均の上げを喜ぶわけにはいきません。少し厄介な4月中旬相場となりましたが、新興市場の良い銘柄の押し目買い...もし安い場面があればお伝えしていきたいと思います。
チャンスを待って眺めておくのも相場ではないでしょうか。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,296.14(+137.94)

■東証1部出来高    8.03億株

■東証1部売買代金   1.27兆円

■日経平均先物    22,310(+130)

■TOPIX        1,758.09(+8.42)

■騰落        上昇1,210/下落769

■マザーズ指数    1,133.64(-2.23)

■日経JQ       3,918.72(+0.17)

■ドル円       107.47

■東証全体値上がり率ランキング
 1.エムアップ(東1:3661) 1340(+300)
 2.小田原機器(JQ:7314) 931(+150)
 3.クロスフォー(JQ:7810)414(+57)
 4.安永(東1:7271)     2500(+295)
 5.テンポイノベ(東マ:3484)1286(+144)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.レノバ(東1:9519)    3085(-475)
 2.サカイHD(JQ:9446) 1420(-146)
 3.アイスタイル(東1:3660) 1339(-120)
 4.TATERU(東1:1435)2198(-187)
 5.DMソリュ(JQ:6549) 1612(-134)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。日米首脳会談は米国からの厳しい要求がなく無難に終了した、との受け止めが広がり買いが先行。比較的安定した動きをみせる為替も支えとなり、上げ幅は一時200円超に。その後は、前日の大幅上昇に対する利益確定売りや、戻り待ちの売りに伸び悩む展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、鉄鋼、電気・ガス業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、小売業、サービス業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人
4月は過去17年において外国人買いが入っている...そのような値動きを感じさせる日経平均の動きであります。
ただ値幅取りという意味では中小型株の値動きがもうひとつです。面白い銘柄が色々と出てくることを期待し、市場を観察していきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      22,158.20(+310.61)

■東証1部出来高    14.58億株

■東証1部売買代金   2.54兆円

■日経平均先物    22,180(+350)

■TOPIX        1,749.67(+19.69)

■騰落        上昇1,733/下落286

■マザーズ指数    1,135.82(+21.63)

■日経JQ       3,919.44(+37.30)

■ドル円       107.34

■東証全体値上がり率ランキング
 1.パルマ(東マ:3461)   4250(+700)
 2.クレアHD(東2:1757)  39(+6)
 3.グローバルW(東マ:3936)4690(+700)
 4.ネクスG(JQ:6634)  674(+100)
 5.フィルカンパ(東マ:3267)6300(+830)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.スルガ銀行(東1:8358)   1255(-299)
 2.伊豆シャボテン(JQ:6819)217(-28)
 3.USMH(東1:3222)   1379(-125)
 4.ルーデン(JQ:1400)   535(-37)
 5.アライドHD(東2:6835)  178(-12)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。前場は投資家心理の改善を背景に買いが優勢に。良好な決算が好感され続伸した前日の米国株や、米メディアの報道により米朝首脳会談の準備が進んでいると確認されたこともプラス視され、次第に上げ幅を広げる展開となりました。
 後場は先物主導で買い物がちにスタート。前場より円安が進んだことも買いを誘い、2万2000円台を維持した推移となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、海運業、建設業。一方、値下がりしたのは、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■釣り人
日経平均は大きな上げとなりました。
不安視されていた米国と北朝鮮問題が前進しそうだということで、買いを手控えていた投資信託や個人が動いたのでしょう。本格的な上げに向かうのかどうか今晩のNYを見まして考えることになります。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      22,130.25(+282.66)

■東証1部出来高    7.77億株

■東証1部売買代金   1.32兆円

■日経平均先物    22,130(+300)

■TOPIX        1,746.72(+16.74)

■騰落        上昇1,660/下落335

■マザーズ指数    1,137.21(+23.02)

■日経JQ       3,917.32(+35.18)

■ドル円       107.24

■東証全体値上がり率ランキング
 1.グローバルW(東マ:3936) 4690(+700)
 2.ネクスG(JQ:6634)   674(+100)
 3.IPS(JQ:4335)    817(+117)
 4.フュートレック(東2:2468)768(+100)
 5.小田原機器(JQ:7314)  781(+100)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.スルガ銀行(東1:8358)   1297(-257)
 2.ルーデン(JQ:1400)   535(-37)
 3.フジプレアム(JQ:4237) 319(-21)
 4.伊豆シャボテン(JQ:6819)230(-15)
 5.イメージ情報(JQ:3803) 1205(-76)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。良好な決算を背景とした前日の米株高を好感し買いが先行。米メディアが「マイク・ポンペオ米中央情報局(CIA)長官が訪朝し、金正恩委員長と会談していた」と報じ、米朝首脳会談の準備が進んでいると確認されたこともプラスとなり、先物主導で上げ幅を拡大。円の弱含みも支援材料となり、高値圏での推移となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、建設業、ガラス土石製品。一方、値下がりしたのは、銀行業、鉱業、空運業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■釣り人
金正恩委員長と米国のCIA長官が会談を行ったという話が流れたことが、前場の大きな上げ要因だったと思われます。ドル円もじわっと円安に向かいました。NYダウ夜間の動きはあまりありません。+1ドル。
さて、本日の上昇は右肩上がりの継続を意味するものなのか後場を見ましてまた思いを伝えていきます。
よろしくお願い致します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      21,847.59(+12.06)

■東証1部出来高    13.53億株

■東証1部売買代金   2.12兆円

■日経平均先物    21,830(-20)

■TOPIX        1,729.98(-6.24)

■騰落        上昇517/下落1,497

■マザーズ指数    1,114.19(-8.20)

■日経JQ       3,882.14(-28.85)

■ドル円       106.99

■東証全体値上がり率ランキング
 1.グローバルW(東マ:3936)3990(+700)
 2.アジャイル(東マ:6573) 11770(+1770)
 3.エディア(東マ:3935)  1053(+150)
 4.ネクスG(JQ:6634)  574(+80)
 5.フロイント(JQ:6312) 1101(+150)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.サイバステップ(東2:3810)2895(-655)
 2.トウキョウベ(東1:3415) 1004(-181)
 3.小松ウオール(東1:7949) 2281(-368)
 4.Gunosy(東1:6047) 1688(-246)
 5.倉庫精錬(東2:3578)   254(-35)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前日の米株高を好感した買いと円高進行を嫌気した売りなどが交錯する展開。ただ、日米首脳会談を前に手控え気分が強く、小幅な値動きに終始しました。
 後場は、引き続き前日終値を挟んでのもみ合いに。前場より更にこう着感を強め、わずか50円ほどの値幅で推移し本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、繊維製品、銀行業、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、食料品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■釣り人
日経平均はプラス12円、先物はマイナス20円で終わりました。昨日に続き小動きとなりました。
ドル円が現在106.98 朝一番で私が気になることをお伝えしております。円高へ向かうかもしれないとちょっと不安に思うことを書き添えました。

さて、今晩のNYダウは日足で上値抵抗ラインにぶつかってきています。突破するような動きとなるのか?それとも押し戻されるのか?気になる値段で昨日終わっております。
それでは明日よろしくお願い致します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

釣り人 

■日経平均      21,837.39(+1.86)

■東証1部出来高    6.99億株

■東証1部売買代金   1.05兆円

■日経平均先物    21,830(-20)

■TOPIX        1,732.39(-3.83)

■騰落        上昇583/下落1,387

■マザーズ指数    1,101.25(-21.14)

■日経JQ       3,870.55(-40.44)

■ドル円       107.03

■東証全体値上がり率ランキング
 1.フロイント(JQ:6312) 1096(+145)
 2.アライドHD(東2:6835)192(+25)
 3.キリン堂HD(東1:3194)2761(+324)
 4.アジャイル(東マ:6573) 11060(+1060)
 5.ルーデン(JQ:1400)  600(+51)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ロコンド(東マ:3558)   940(-214)
 2.サイバステップ(東2:3810)2984(-566)
 3.トウキョウベ(東1:3415) 1000(-185)
 4.小松ウオール(東1:7949) 2302(-347)
 5.Gunosy(東1:6047) 1695(-239)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は円高進行が嫌気され売りが先行したものの、前日の米株高などを支えに上げ転換。しかし再度軟化し、円相場が107円台を割り込むと下げ幅を広げる場面も見られましたが、再度プラス圏に浮上するなど方向感に欠ける展開に。全体に日米首脳会談を前に手控え気分が強く、小幅な動きとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、鉄鋼、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、食料品、陸運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■釣り人
前日に続き小動きの日経平均であります。
ジャスダック指数の下げは昨日の下げ幅と同程度、マザーズ指数も同様です。
1月後半から新興市場の指数はどちらも同じように下落をしている厳しい局面であります。
株価というものは下方硬直性が存在します。今の値段でこの話をするのは少し先走っていますが、下がれば買い場がくるということであります。一緒に探していきましょう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

釣り人 

■日経平均      21,835.53(+56.79)

■東証1部出来高    13.10億株

■東証1部売買代金   2.03兆円

■日経平均先物    21,850(+40)

■TOPIX        1,736.22(+6.86)

■騰落        上昇1,192/下落805

■マザーズ指数    1,123.33(-33.06)

■日経JQ       3,914.12(-37.60)

■ドル円       107.20

■東証全体値上がり率ランキング
 1.U&C(東マ:3557)   2640(+500)
 2.キリン堂HD(東1:3194) 2437(+437)
 3.ブロンコB(東1:3091)  4275(+700)
 4.ネクスG(JQ:6634)  494(+80)
 5.グローバルW(東マ:3936)3290(+501)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ヨシムラフード(東1:2884)890(-300)
 2.エスケイ(東1:7608)   561(-146)
 3.ロコンド(東マ:3558)   1154(-300)
 4.Gunosy(東1:6047) 1934(-500)
 5.トウキョウベ(東1:3415) 1185(-300)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。米英仏のシリア攻撃は1回限りの可能性が高いとの見方が広がったことや、比較的安定した円相場が支えとなり前場は買い優勢の展開。ただ、国内政局の不透明感は払しょくされておらず、上値の重さが目立つ動きとなりました。
 後場は円の強含みを受け、先物主導で上げ幅を縮小してスタート。マイナスに転じる場面も見られましたが、切り返し。その後は小高い水準でもみ合い、本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、医薬品、水産・農林業、電気・ガス業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、証券商品先物、その他製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人
ドル円は本日円安スタートとなり、その後じりじりと円高への動きが見れたのですが、日経平均は終始しっかりで終わりました。
新興市場の日経JQやマザーズ指数は、厳しい下落になるだろうとの予測はありましたが実際にそうなり残念であります。
お伝えしています通り「中小型株の安値を拾う。」そのスタンスで、どこで買えばよいのか?これに注力する明日以降となります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
『バランス投資顧問』の「釣り人」と「桃太郎」「長島和弘」兜町の証券会社出身者の3人が今日の株式の見方をお伝えします。
毎日発行!無料ですのでぜひ登録してみて下さい。↓


| 前引け・大引け概況 | 15:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

なぎさ 

■日経平均      21,834.42(+55.68)

■東証1部出来高    7.03億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    21,830(+20)

■TOPIX        1,732.64(+3.28)

■騰落        上昇939/下落1,042

■マザーズ指数    1,125.18(-31.21)

■日経JQ       3,927.89(-23.83)

■ドル円       107.31

■東証全体値上がり率ランキング
 1.倉庫精錬(東2:3578)    301(+53)
 2.ブロンコB(東1:3091)  4195(+620)
 3.キリン堂HD(東1:3194)  2345(+345)
 4.ファーマライズ(東1:2796)771(+100)
 5.オンキヨー(JQ:6628)  165(+19)

■東証全体値下がり率ランキング
 1.ヨシムラフード(東1:2884)905(-285)
 2.Gunosy(東1:6047) 1934(-500)
 3.トウキョウベ(東1:3415) 1198(-287)
 4.エスケイ(東1:7608)   577(-130)
 5.サインポスト(東マ:3996) 3125(-685)
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。14日未明に米英仏はシリアの化学兵器関連施設を軍事攻撃しましたが、比較的安定した動きをみせる円相場や、米株価指数先物が堅調であることを支えに買い戻しが先行。ただ、国内政局の不透明感は払しょくされておらず、買い進む動きは限られ上値の重さが目立つ展開となりました。
 
 業種別では、値上がり上位は、医薬品、水産・農林業、サービス業。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、非鉄金属となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■釣り人
日経平均の動きは止まっておりますが、新興市場の指数の下げがきつくなっています。
来るべき買い場はどこなのか探していく今週となりそうです。
買いゾーンに入ってくれば個別株を選別し、提案・解説していきます。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 前引け・大引け概況 | 11:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT