株式情報「海と風」

バランス投資顧問のリアルタイム投資情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

各国債券利回り

桃太郎 

2018/6/18  6時58分現在

         10年債                      2年債
米国     2.921% (前日比-0.015%)     2.547% (前日比-0.016%)
英国     1.328% (前日比-0.006%)     0.723% (前日比-0.012%)
ドイツ     0.403% (前日比-0.023%)     -0.618% (前日比+0.006%)
ポルトガル 1.822% (前日比-0.093%)     -0.126% (前日比-0.027%)
イタリア    2.609% (前日比-0.128%)     0.656% (前日比-0.123%)
ギリシャ   4.496% (前日比-0.100%)       -
スペイン    1.297% (前日比-0.052%)     -0.233% (前日比-0.037%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト

| 桃太郎 | 07:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドル建て 日経225

桃太郎 




おはようございます。

日経CFD 22898円 +160円
NYCFD 25166ドル -9ドル
ドルインデックス 94.91
原油 66.95ドル
VIX 12.12
米10年債、2.9351%

NYは、ダウは25ドル安、貿易戦争への懸念が再燃米国株式相場はまちまち。ダウ平均は25.89ドル安の25175.31、ナスダックは65.34ポイント高の7761.04で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和を年内に終了する一方で、政策金利を19年夏まで据え置く方針を示したことが好感され、欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行した。5月の小売売上高や輸入物価指数が予想を上振れたものの、トランプ政権が中国に対する新たな関税計画を検討しているほか、米国債利回りの下落を受けて金融株に売りが広がり、上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日はリスク海保の動きがみられ、買い支えの中、下落となった。
本日は、ECBが政策金利を19年夏まで据え置く方針を示したことで、ユーロ安、ドル高
から110円台中盤、決定会合も通過しますので持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.67円 206ドルから208ドル

 22798円から23019円(現物)

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各国債券利回り

桃太郎 

2018/6/15  7時9分現在

         10年債                      2年債
米国     2.935% (前日比-0.031%)     2.564% (前日比-0.004%)
英国     1.334% (前日比-0.035%)     0.735% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.426% (前日比-0.056%)     -0.624% (前日比-0.037%)
ポルトガル 1.915% (前日比-0.033%)     -0.099% (前日比-0.007%)
イタリア    2.737% (前日比-0.069%)     0.779% (前日比-0.144%)
ギリシャ   4.596% (前日比+0.011%)       -
スペイン    1.349% (前日比-0.062%)     -0.196% (前日比-0.032%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドル建て 日経225

桃太郎 



おはようございます。

日経CFD 22844円 -123円
NYCFD 25200ドル -2ドル
ドルインデックス 93.50
VIX 12.94
米10年債、2.9663% + 0.19%

NYは、ダウは119ドル高、FOMC発表を嫌気米国株式相場は下落。ダウ平均は119.53ドル安の25201.20、ナスダックは8.09ポイント安の7695.70で取引を終了した。午後にFOMC発表を控えて、朝方は小動き。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられた。労働市場、雇用情勢が引き続き堅調に推移しており、18年の利上げ見通しは4回に引き上げられた。一方で、緩和的な金融政策を維持する方針も強調された。発表後に揉み合う展開となったが、引けにかけて下落した。

日経ですが、昨日も23000円台手前で足踏み。
本日は、米国下落から下値模索となるのか見ていきます。
為替推移も残念ながら多少リスク回避の動きとなっている。

想定レンジ、為替、110.22円 206ドルから208ドル

 22705円から22925円(現物)

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各国債券利回り

桃太郎 

2018/6/14  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     2.966% (前日比+0.006%)     2.568% (前日比+0.029%)
英国     1.369% (前日比-0.032%)     0.746% (前日比-0.006%)
ドイツ     0.482% (前日比-0.009%)     -0.587% (前日比+0.002%)
ポルトガル 1.948% (前日比-0.039%)     -0.092% (前日比-0.042%)
イタリア    2.806% (前日比-0.056%)     0.923% (前日比-0.100%)
ギリシャ   4.585% (前日比+0.037%)       -
スペイン    1.411% (前日比-0.040%)     -0.164% (前日比-0.031%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 07:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドル建て 日経225

桃太郎 



おはようございます。

日経CFD 22903円 +24円
NYCFD 25329ドル +9ドル
ドルインデックス 93.85
原油 65.83ドル
VIX 12.34
米10年債、2.9608% + 0.31%

NYは、ダウは1ドル安、FOMC発表を控えて小動き12日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は1.58ドル安の25320.73、ナスダックは43.87ポイント高の7703.79で取引を終了した。朝方は、米朝首脳会談で両国首脳が共同声明に署名したことが一定の評価を受け、買いが先行したものの、明日のFOMC結果を見極めたいとの思惑から様子見ムードとなり、終日揉み合う展開となった。

日経ですが、昨日は高寄り後、上値重く推移で上げ幅縮小。
本日は、ダウは、5日ぶりに小幅安であるが、ナスダックは高値更新。今晩のFOMCで日経は様子見となるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.43円 206ドルから209ドル

 22748円から23079円

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各国債券利回り

桃太郎 

2018/6/13  7時12分現在

         10年債                      2年債
米国     2.961% (前日比+0.009%)     2.539% (前日比+0.019%)
英国     1.401% (前日比-0.006%)     0.752% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.491% (前日比-0.002%)     -0.589% (前日比+0.013%)
ポルトガル 1.987% (前日比-0.012%)     -0.050% (前日比-0.012%)
イタリア    2.862% (前日比+0.024%)     1.023% (前日比-0.069%)
ギリシャ   4.548% (前日比+0.034%)       -
スペイン    1.451% (前日比+0.010%)     -0.133% (前日比+0.100%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドル建て 日経225

桃太郎 



おはようございます。

日経CFD 22989円 +185円
NYCFD 25356ドル +33ドル
ドルインデックス 93.63
原油 66.15ドル
VIX 12.35
米10年債、2.9516% + 0.19%

NYは、ダウ平均は5.78ドル高の25322.31、ナスダックは14.41ポイント高の7659.93で取引を終了した。イタリア新政権のトリア経済相がユーロ圏への残留を表明し、欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行。しかし、米朝首脳会談やFOMC結果を見極めたいとの思惑から上値は限られた。前週末のG7首脳会議では、貿易問題を巡る米国と他国の対立が明らかとなったが、株式相場への影響は限定的となった。

日経ですが、昨日は買戻しから戻り高値圏まで上昇した。
本日は、米朝首脳会談となり動向次第での上下もありそうである。
為替推移は、110円台前半となり円が売られてるイメージである。

想定レンジ、為替、110.24ドル 207ドルから209ドル

 22819円から23040円(現物)

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各国債券利回り

桃太郎 

2018/6/12  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.952% (前日比+0.006%)     2.520% (前日比+0.023%)
英国     1.407% (前日比+0.019%)     0.749% (前日比+0.007%)
ドイツ     0.493% (前日比+0.044%)     -0.602% (前日比+0.049%)
ポルトガル 1.999% (前日比-0.057%)     -0.038% (前日比-0.063%)
イタリア    2.838% (前日比-0.293%)     1.092% (前日比-0.611%)
ギリシャ   4.514% (前日比-0.191%)       -
スペイン    1.441% (前日比-0.029%)     -0.233% (前日比-0.013%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

展開 桃太郎(6/10)

桃太郎 

先週末の米国市場は、ダウ平均は3日続伸。序盤は売りが優勢となりダウ平均も下げて始まった。きょうからカナダで開催されるG7サミットへの警戒感や、アップルが今年後半に投入するアイフォーン向けの部品について、発注が前年比約20%減ることに備えるようサプライチェーンに伝えていたとの報道も嫌気していた。ただ、売りが一巡すると買い戻しが優勢となりダウ平均はプラス圏に浮上。景気の先行きに期待した押し目買いが下値では断続的に入り底堅さは堅持している。ナスダックは高値付近まで戻った。

IMM通貨先物6月5日主要国通貨
円 3437枚の売り越し 4599枚の売り越し減
ユーロ 89236枚の買い越し 3801枚の買い越し減
ポンド 7345枚の買い越し 2132枚の買い越し減

■ 週末は、ポジション整理やG7で米国も他国も貿易問題で一歩も譲る機はないようであり、リスク回避もあって、ポイントの109.18円あたりまで下落。通商問題で合意が形成できるか注目されるが、恐らくで解決策は示されないであろうとのこともあり、米国指数上昇となったが、米10年債、2.9461%とまり、ドル円も109円台中盤までの戻りとなった。
今週は、重要イベント目白押しの週だ。週明けはG7サミットの反応、12日は米朝首脳会談、そして、FOMC、ECB理事会と続く、109円前半から110円台中盤とイメージはしている。

日経ですが、先週末は短期上昇もありSQ後は急速に調整となった。
現物は、ポイントの22630円まではいかなかったが、先物は調整分もあり630円あたりとなった。高値もポイントの22830円丁度また、SQ値となる。
イブニングの前半はリスク回避が強まり、また、ポイントの22470円あたりからの切り返しとなった。ドル換算ベースも202ドルから208ドルのボックス内の動きとなり、週末も抜けきらずに下落となった。

■ 今週の展開も前半、G7のリスク回避の動きがなければ、米10年債の動きで、ドル円の動きで左右されそうである。下値も限定的の持ち合いなのか見る週となり、週末は日銀決定会合もあり、大きな調整は無いであろうと思う。

株式は、今一歩、マインドが上昇されず。超目先材料株のみのイメージである。
難儀な相場展開かと思っている。中期で見れば、無借金の銘柄かとは思っている。

今週もよろしくお願いします。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
↓↓応援クリックお願い致します。↓↓


人気ブログランキング

| 桃太郎 | 08:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT